とある西武ファンの雑感

埼玉在住の西武ファンです。 西武に関する様々なことに触れていきたいです。

タグ:埼玉西武ライオンズ

 前回の記事で、野手のスタメン予想を行ったので、今回は投手陣に焦点を当て、開幕ローテ・リリーフ陣の予想を行っていきたいと思います。
 
 まず、開幕ローテ入りする六人の投手の予想ですが、辻監督からの発表があったように、開幕投手は多和田投手に決定し、去年の成績から榎田投手・今井投手の二人という計三人の投手が現時点でローテーション入りをほぼ確定させています。そのような中で、 残った3枠に対し、松本航投手・郭投手orニール投手・内海投手or十亀投手がローテーションに入ると考えています。 まず、松本投手ですが、この前の紅白戦でのピッチングや首脳陣からの期待値などから、ローテーション入りはほぼ固いと個人的には考えています。次に、郭投手orニール投手ですが、開幕の段階から外国人枠を一つ余らせる可能性はおそらく低いので、今後のオープン戦を通じて、二人の状態を見ながら、 より良いピッチングを見せた方にチャンスが与えられると思います。また、カスティーヨ投手も、現在状態ははっきりせず、シーズンの途中からという形になるかもしれませんが、ローテーション争いに絡んでくると思われます。 最後に、十亀投手と内海投手ですが、これまでの辻監督の発言を聞く限り、内海投手にかなりの期待をしているようなので、内海投手がローテーションに入る可能性が高いと考えられます。ただ、個人的には、内海投手は”先発7番手”のような形で起用し、他の選手の故障や不調の際に、その選手の穴を埋めてもらうという役割を担ってほしいと考えています。なので、この枠には、現在B班にいるものの、十亀投手に入ってほしいと思っています。
 そして、上記以外の選手でも、高橋光投手、伊藤投手、今季は先発での起用が予想される相内投手など、先発ローテに入る可能性を持った選手がいますが、現在B班にいる選手たちのことはまた別の記事で触れる予定なので、今回は深くは触れないこととします。

 次に、リリーフ陣の予想を行っていきます。今季からのルール改正によって、一軍登録枠が28人から29人へ拡大したので、今季はおそらくリリーフ陣を8人置く形をとると思われます。したがって、ここでは、開幕一軍入りする8人の投手を予想していきます。まず、ヒース投手、マーティン投手、平井投手、野田投手、増田投手はほぼ確定、武隈投手、現在B班に帯同しているものの、小川投手も一軍に入る可能性が高いと考えています。そして、残りの一枠ですが、この枠には、ロングリリーフの役割を担うことのできる投手が入ると考えられます。具体的には、斉藤大投手、粟津投手、森脇投手、小石投手あたりが挙げられます。また、先発の候補に挙げた伊藤投手や相内投手がこの枠に入る可能性もあります。そのような中で、個人的には、斉藤大投手がこの枠に入ると考えています。斉藤投手は、昨年の冬のオーストラリア派遣、そして今年のキャンプと評価を高めており、紅白戦でも良いピッチングを見せていました。また、個人的には、彼は日本ハムの宮西投手のようになれるポテンシャルを持っていると思っているので、今季の活躍を非常に期待しています。

 皆様初めまして、埼玉西武ライオンズを応援しているsiroです。
この初めての記事では、今季のスタメン予想について述べていきます。

1、9外崎
2、6源田
3、8秋山
4、3山川
5、2
6、5中村
7、7栗山
8、DHメヒア?
9、4山野辺
※赤字は左打者

 浅村選手の移籍によって注目されているセカンドというポジションに関しては、山野辺選手が入る可能性が最も高いのではないかと考えています。辻監督は、このキャンプで山野辺選手にマンツーマンで指導している機会が多く、また、期待を持った選手に対して、我慢しながら起用することのできる監督なので、開幕後ある程度の期間は結果に関わらず、山野辺選手が固定される可能性は高いでしょう。また、打順ですが、辻監督の発言にもあるように、1~3番は現在流動的な状況ですが、出塁率の面から外崎選手を一番に据えるのではないかと考えています。そして、上のスタメン予想で、?をつけたように、メヒア選手は現在の状態がはっきり分からない(B班に帯同しており、実戦にはまだ出場していない)ため、開幕に間に合わない可能性もあります。そうなってしまった場合には、栗山選手をDHで起用し、代わりの外野手を8番、もしくは9番で起用する形をとると思われます。
 
 また、その他の選手の起用ですが、具体的に出場のチャンスが高いポジションとしては、サード、レフトの二つが挙げられます。まず、サードですが、中村選手の年齢を考えた際に、フルイニングの出場をする確率は低く、去年の起用法から見ても、終盤、代走や守備での交代が行われる確率は非常に高いです。そのため、サードというポジションでは、中村選手を軸としながらも、二番手の選手にもある程度の出場機会が与えられると思われます。この枠に入る選手としては、現状、山田選手とルーキーの佐藤選手が挙げられます。個人的には、ショートのバックアップも兼ねることのできる山田選手がこの枠に入ると現時点では考えています。ただ、佐藤選手も、紅白戦でタイムリーを打ったように、打撃に大きな魅力のある選手なので、シーズン途中で、入れ替えが行われる可能性も十分にあるといえます。
 次に栗山選手の起用が予想されるレフトですが、栗山選手もベテランであり、前述したような理由で、二番手以降の選手にもある程度の出場機会があると考えられます。この枠の候補としては、金子選手、木村選手、そして愛斗選手が挙げられます。相手の投手が左投手の場合は木村選手、右の場合は金子選手の起用が濃厚だと考えていますが、愛斗選手の状態も良いので、今後のオープン戦の成績によって、どの選手がこの枠を勝ち取るのかが決まるでしょう。また、上記したように、栗山選手はDHでの起用や代打での起用の可能性もあるので、今後のアピール次第では、レフトのレギュラーを奪い獲ることも可能だと考えられます。
 

このページのトップヘ