とある西武ファンの雑感

埼玉在住の西武ファンです。 西武に関する様々なことに触れていきたいです。

カテゴリ: 成績まとめ

 今回は、西武の投手における球種別被打率について触れていきます。


 _20190713_164237
出典:https://number.bunshun.jp

<先発投手>
今井投手
・フォーシーム 被打率.314 空振り率4.6%
・スライダー 被打率.138 空振り率20.17%
・チェンジアップ 被打率.240 空振り率17.83%
・カーブ 被打率.250 空振り率9.4%

 スライダー・チェンジアップと両方向に精度の高いボールを持っていることは、今井投手の強みの一つですが、その強みは、被打率の低さにも表れています。また、被打率が低いだけでなく、両球種ともに、しっかりと空振りを奪うことができている点も好材料です。
 ただ、フォーシームの精度には、改善の余地があります。フォーシームの精度が高まれば、より支配的な投手になることができますし、後半戦は、特に、フォーシームの精度の部分に注目していきたいです。

髙橋光投手
・フォーシーム 被打率.357 空振り率4.2%
・フォーク 被打率.212 空振り率17.66%
・スライダー 被打率.361 空振り率17.96% 

 上の数字が示すように、今季は、フォーシーム・スライダーの被打率の高さを、フォークの精度の高さで何とかカバーしているという形での投球になっています。ただ、投げているボールの質を考えると、フォーシーム・スライダーはともに、より良い数字を残せるように感じますし、また、フォークに頼りすぎることは、肘への負担を考えると、不安な部分が大きいです。そのため、今後はフォーク以外の2球種、特にフォーシームの質の改善を期待したいです。

松本航投手
・フォーシーム 被打率.294 空振り率3.42%
・カットボール 被打率.233 空振り率8.06%
・2シーム 被打率.263 空振り率14.58%
・カーブ 被打率.400 空振り率4.41%
・スプリット 被打率.429 空振り率20.00%
・スライダー 被打率.154 空振り率7.46%

 松本投手に関しては、"追い込んでからのフォーシームの精度"、"変化球でなかなか空振りを奪うことができないこと"の2つが、主な課題として挙げられると思います。後半戦は、一度ローテーションを外れるようですし、じっくりと自分の課題を改善していってほしいです。
 個人的には、特に、フォーシーム・カットボール・スプリットの3つの球種を磨いてほしいと考えています。

<リリーフ>
平井投手
・フォーシーム 被打率.250 空振り率6.77%
・スライダー 被打率.148 空振り率11.63%
・フォーク 被打率.161 空振り率19.78%

 被打率が示すように、今季は、非常に良い投球を見せてくれています。ただ、徐々に空振り率は落ちてきていますし、疲労の部分は、確実に投球に影響してきています。後半戦は、平井投手の負担を減らすためにも、信頼できるリリーフの投手をいかに増やしていけるかという部分が、非常に重要です。

 また、平井投手のフォークという球種が、左打者に対して、非常に有効な球種となっているように、多和田投手のチェンジアップもそのような効果をもたらしてくれる可能性は大いにあります。後半戦の多和田投手の投球を見ていく上で、新しく投げ始めたチェンジアップという球種は、重要になってくるでしょう。

増田投手
・フォーシーム 被打率.176 空振り率13.03%
・スライダー 被打率.227 空振り率9.15%
・フォーク 被打率.167 空振り率10.26%

 質の良いフォーシームを投げる投手が少ない西武の投手陣の中で、増田投手は、被打率・空振り率ともに素晴らしい数字を記録しています。また、変化球の精度も、悪くないです。
 クローザーとして、申し分ない働きを見せてくれていますし、後半戦も良い投球を期待したいです。

マーティン投手
・フォーシーム 被打率.233 空振り率7.89%
・チェンジアップ 被打率.250 空振り率23.73%
・カットボール 被打率.273 空振り率23.30%

 数字が示しているように、マーティン投手の空振りを奪う能力は、チームでもトップクラスですし、特に、チェンジアップの精度は素晴らしいです。現在は、勝ちパターンの一人ですし、リリーフにおいて、後半戦のキーマンとも呼べるような存在だと、個人的には考えています。

ヒース投手
・フォーシーム 被打率.300 空振り率7.46%
・ナックルスライダー 被打率.179 空振り率9.27%
・2シーム 被打率.375 空振り率9.38%
・フォーク 被打率.333 空振り率11.76%

 フォーシームの空振り率10.86% ナックルスライダーの空振り率20.26%という、昨季の数字と比較すると分かるように、今季は、空振り率が低下しており、それが、今季の苦しい投球につながっている原因の一つと考えられます。
 後半戦において、ヒース投手の復調を期待する上で、どのくらい空振りを奪うことができるかという部分は、大きな注目ポイントになってくるでしょう。


 後半戦は、全体的に、被打率が下がることを期待したいです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

 今回は、イースタンリーグにおける投手の成績をまとめていきます。


 _20190608_230956
出典:https://www.sponichi.co.jp

相内 41回 防2.20 41奪三振 与四死球19 被安打30 WHIP1.07
南川 38 1/3回 防4.70 26奪三振 与四死球20 被安打36 WHIP1.41
ニール 35 2/3回 防2.78 20奪三振 与四死球9 被安打36 WHIP1.21
高木勇 34 2/3回 防2.60 31奪三振 与四死球14 被安打33 WHIP1.27
本田 34回 防1.32 20奪三振 与四死球10 被安打20 WHIP0.88

小石 28回 防2.89 21奪三振 与四死球13 被安打23 WHIP1.25
粟津 25 2/3回 防4.91 17奪三振 与四死球9 被安打25 WHIP1.29
國場 18 2/3回 防2.41 12奪三振 与四死球5 被安打15 WHIP1.02
伊藤 18 2/3回 防4.34 8奪三振 与四死球8 被安打25 WHIP1.71
田村 17 2/3回 防3.57 12奪三振 与四死球6 被安打18 WHIP1.25

中塚 16 1/3回 防4.41 9奪三振 与四死球15 被安打13 WHIP1.71
リャオ 15 2/3回 防4.60 13奪三振 与四死球19 被安打8 WHIP1.66 
大石 13回 防2.08 12奪三振 与四死球2 被安打11 WHIP1.00
藤田 12 2/3回 防5.68 17奪三振 与四死球11 被安打13 WHIP1.58
松本直 12回 防3.75 8奪三振 与四死球2 被安打16 WHIP1.50

野田 11回 防2.45 8奪三振 与四死球7 被安打8 WHIP1.36
齊藤大 8 1/3回 防1.08 7奪三振 与四死球4 被安打6 WHIP1.20
武隈 7回 防1.29 5奪三振 与四死球1 被安打8 WHIP1.29
平良 6回 防1.50 6奪三振 与四死球3 被安打3 WHIP1.00
内海 4回 防4.50 3奪三振 与四死球1 被安打4 WHIP1.00 
東野 2回 防0.00 1奪三振 
与四死球0 被安打2 WHIP1.00
(多和田はまだ登板なし)


<相内投手>
 素晴らしい数字を残していますが、実際の投球を見る限り、制球面・球威の面ともに課題があると感じています。特に、制球面に関しては、与四球が多く、また、甘いボールも少なくないので、改善すべき部分は大きいです。

<小石投手>

 前々回登板では4回無失点、前回登板では5回無失点と、ここ最近好投が続いています。特に、前回登板では、フォーシームに球威があり、非常に内容も良かったです。一軍に昇格した場合は、おそらくロングリリーフの役割を担うと思われますが、小石投手がその枠に収まれば、佐野投手をロングリリーフではなく、リリーフもしくは先発として起用することもできますし、投手起用に様々な選択肢が生まれます。

<武隈投手>
 復帰後の投球を見る限り、フォーシームの精度は良いと感じています。また、スライダーに関しても、まずまずだと思います。ただ、チェンジアップに関しては、投げる割合自体がとても少ないように感じるので、その部分に関しては、今後の投球を注目していきたいです。 

<本田投手>
 本田投手は、今季、カット系のボール・チェンジアップ・カーブと変化球の精度も高いですが、左打者・右打者のアウトコースに、安定してフォーシームを投げることができている点が最も良い点であると感じています。来週の一軍での登板が決まりましたが、好投を期待したいです。


 また、多和田投手・榎田投手は、チームにとって必要な投手ですし、しっかりと復調してくれることを期待したいです。 
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

 前回の記事で、投手の成績をまとめたので、今回はファームにおける野手の成績についてまとめていきます。


 _20190513_210632
出典:https://insight.official-pacificleague.com

川越 打率.241 出塁率.271 OPS.643 4本塁打
西川 打率.265 出塁率.303 OPS.595 4盗塁
高木 打率.213 出塁率.260 OPS.643 4本塁打
金子一 打率.146 出塁率.267 OPS.458 14四球(チームトップタイ)
鈴木 打率.230 出塁率.296 OPS.560 4盗塁

戸川 打率.238 出塁率.312 OPS.621
綱島 打率.247 出塁率.291 OPS.624
斉藤彰 打率.205 出塁率.311 OPS.593
  打率.269 出塁率.395 OPS.738 14四球(チームトップタイ)
齊藤誠 打率.133 出塁率.268 OPS.418


佐藤 打率.283 出塁率.343 OPS.743
山田 打率.235 出塁率.350 OPS742
永江 打率.211 出塁率.302 OPS.618
中田 打率.308 出塁率357 OPS.742
牧野 打率.000 出塁率.077 OPS.077
中熊 打率.000 出塁率.000 OPS.000

 
川越選手
 川越選手は、ファームの野手の中で最もスケールの大きな選手だと思います。シーズン序盤は、なかなか長打が出ませんでしたが、最近は本塁打を含め、長打が増えています。チーム2位の28三振と、三振は少し多いですが、その点に関してはあまり気にする必要はないと思います。個人的には、2年後あたりには、一軍のレギュラーになっている可能性も多いにあると考えています。

綱島選手
 山田選手の欠場が続いていることもあり、最近はショートでの出場が増えています。守備面に課題はありますが、打撃面では魅力のある選手です。出場機会が増えてきた中で、ここ最近は安定してヒットを打っていますし、今後も、良い状態をキープしてほしいです。

金子一選手
 今季は打席の中で良く粘れていますし、出塁率と打率の差を考えても、良い数字を残しています。ただ、あまりにも打率が低すぎますし、改善する必要があります。また、守備においても、イージーなゴロをエラーするケースが多く、実際に10失策はチームワーストの数字です。今後は、攻守両面において、プレイを向上させていく必要があります。

呉選手> 
 呉選手は、ここ最近はとても状態が良いです。一軍以上に、主審のストライクゾーンが不安定なファームでは、彼の持ち味である選球眼を活かし切れない部分がありますし、また、若手と呼べるような年齢でもないので、できるだけ早く一軍に上がってほしいところです。


 また、復帰した西川選手に関しても、再び状態を上げていってほしいです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

 イースタンリーグ開幕から40試合近くを消化したので、今回はファームの投手の成績をまとめていきます。

 _20190512_205809
出典:https://www.sankei.com

高木 5試合 27回 防3.33 24奪三振 被安打25 与四死球11 
粟津 11試合 21回 防5.57 16奪三振 被安打19 与四死球8 WHIP1.24
相内 3試合 20回 防0.90 25奪三振 被安打5 与四死球8 WHIP0.60
 郭 4試合 20回 防3.15 11奪三振 被安打14 与四死球14 WHIP1.20
ニール 3試合 19 2/3回 防2.75 13奪三振 被安打19 与四死球4 WHIP1.17


松本航 4試合 16回 防5.63 17奪三振 被安打20 与四死球11 WHIP1.94
小石 13試合 15 2/3回 防4.02 11奪三振 被安打13 与四死球8 WHIP1.28 
中塚 13試合 15 1/3回 防4.70 9奪三振 被安打13 与四死球15 WHIP1.83
伊藤 4試合 13 2/3回 防5.27 8奪三振 被安打23 与四死球7 WHIP2.12
リャオ 10試合 11 2/3回 防3.86 7奪三振 被安打5 与四死球13 WHIP1.46

藤田 12試合 10 2/3回 防6.75 13奪三振 被安打12 与四死球8 WHIP1.59
國場 6試合 9 2/3回 防1.86 5奪三振 被安打8 与四死球2 WHIP1.03
大石 9試合 9回 防2.00 6奪三振 被安打7 与四死球2 WHIP1.00
田村 9試合 8 2/3回 防6.23 5奪三振 被安打14 与四死球5
松本直 7試合 7回 防5.14 4奪三振 被安打13 与四死球2 WHIP2.14

平良 3試合 6回 防1.50 6奪三振 被安打3 与四死球3 WHIP1.00
齊藤大 4試合 5回 防0.00 2奪三振 被安打5 与四死球1
内海 2試合 4回 防4.50 3奪三振 被安打4 与四死球1 WHIP1.00
野田 3試合 2 1/3回 防3.86 1奪三振 被安打1 与四死球3 WHIP1.71
東野 1試合 1回 防0.00 1奪三振 被安打1 
与四死球0 WHIP1.00
 
野田投手
 前回登板では、ワンポイントとして起用され、打者一人をしっかりと抑えましたが、現状としては、そこまで良い状態ではないと思います。一軍において、現在、左の中継ぎの必要性は極めて高いですし、早めの復調が求められます。 

リャオ投手
 一軍登録抹消後、悪い内容の投球が続いていましたが、前回登板では良い投球を見せてくれました。リャオ投手に関しては、制球が鍵になってきますし、その部分に特に注目していきたいです。一軍での内容はそこまで悪くなかったですし、今後の内容次第では、今季中の再昇格の可能性も十分あると思います。

國場投手
 國場投手は、良い数字を残していますが、その数字ほどの投球はしていないという印象です。特に、フォーシームの球威は課題だと思います。今季は、カット系のボールを上手く使えているという印象ですが、一軍で活躍することを考えると、質の良いフォーシームは不可欠です。リャオ投手・田村投手など、抹消後の投球内容が良くない投手が多い中で、國場投手が今後どのような投球を見せてくれるのか注目したいです。

東野投手
 東野投手に関しては、フォーシームに球威があり、変化球の制球も悪くはないという印象を受けました。まだ登板数は限られていますが、今後が楽しみな投手だと思います。


 また、南川投手は、ロングリリーフ要員として一軍に昇格しましたが、彼のタイプを考えても、その役割への適性は持っていると思います。年齢や立場を考えると、残されたチャンスはそう多くはないでしょうし、今回のチャンスを生かしてほしいです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

 前回の記事で投手の成績をまとめたので、今回は野手の成績についてまとめていきます。

西川 打率.269 出塁率.308 OPS.604 
川越 打率.233 出塁率.273 OPS.603
金子一 打率.172 出塁率.289 OPS.508
斉藤彰 打率.254 出塁率.365 OPS.714
鈴木 打率.215 出塁率.307 OPS.569

高木 打率.197 出塁率.240 OPS.620
山田 打率.235 出塁率.350 OPS.742 
戸川 打率.241 出塁率.328 OPS.680
 呉 打率.205 出塁率.352 OPS.647
綱島 打率.217 出塁率.265 OPS.548

駒月 打率.286 出塁率.340 OPS.936
齊藤誠 打率.146 出塁率.205 OPS.351
佐藤 打率.267 出塁率.353 OPS.753
中田 打率.308 出塁率.357 OPS.742
牧野 打率.000 出塁率.077 OPS.077
中熊 打率.000 出塁率.000 OPS.000

佐藤選手
 佐藤選手は、キャンプから守備面で高い評価を受けていましたが、最近は打撃でも良いアピールを見せています。将来レギュラーになりうる選手だと思いますし、今季は、ファームで実戦経験を積んでほしいと個人的には考えています。

駒月選手
 打撃面で良いアピールを見せることができている選手が少ない中で、駒月選手は安定して結果を残しています。現在、ファームの捕手に怪我人が多く、捕手を一軍に上げづらい状況ではありますが、その状況が改善され次第、一軍に上げてほしい選手です。彼を上げることで、岡田選手を起用しやすい状況を作ることも可能になります。

戸川選手
 死球による離脱からの復帰後はなかなか結果を残すことができていません。一軍の外野陣の陣容は磐石なものとは思えませんし、調子を取り戻し、二度目の一軍昇格を目指してほしいです。

中熊選手
 まだ出場機会は限られていますが、打撃面では期待が持てそうという印象を個人的には受けました。徐々に出場機会は増えてくるでしょうし、今後の活躍を期待したいです。 


  良いアピールを見せることができている野手は多くないので、今後のアピールに期待したいところです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

このページのトップヘ