とある西武ファンの雑感

埼玉在住の西武ファンです。 西武に関する様々なことに触れていきたいです。

カテゴリ: その他

 今回は、前半戦が終了した中で、各ポジションにおいて、個人的に気になった選手について述べていきます。

<捕手>
森選手
 捕手としての出場機会が大幅に増加し、多くの負担があった中でも、良い働きを見せてくれました。打率.315 OPS.903 WAR3.8など、様々な数字が、森選手の貢献度の高さを示しています。また、打撃面だけでなく、走者時の打球判断も優れており、走塁面での貢献度も高い選手だと言えます。
 課題としては、ブロッキングの能力、および、盗塁阻止時のボールの持ち替えが挙げられます。特に、ブロッキングの能力は、捕手として、重要な能力の一つなので、改善が求められます。

岡田選手
 シーズン序盤から、なかなか出場機会を得ることができず、結局のところ、前半戦においては、その起用法が改善されることはありませんでした。現在のチーム状況を考えると、DH森・捕手岡田というオーダーを組んだとしても、攻撃力の低下にはつながりませんし、岡田選手の出場機会を増やすことは、森選手の負担軽減・岡田選手の試合勘の維持など、チームにとってプラスになる部分が非常に大きいです。後半戦は、捕手としての出場機会が増えることを願いたいです。

<内野手>
山川選手
 前半戦だけで29HRと、素晴らしい数字を残してくれましたが、ここ最近は、なかなか結果を残せず、特に、フォーシームへの対応に苦労していました。インコースのフォーシームを完璧に捉えた、7月10日の松田投手からのHRを良いきっかけにしてほしいところです。
 守備面に関しては、送球に対する捕球の部分は、比較的安定しているように感じますが、ベースカバーに入る投手との連携、および、時折イージーなミスをしてしまうことは課題として挙げられます。特に、イージーなミスに関しては、投手に与えるダメージも大きいので、今後は可能な限り、防いでほしいところです。

源田選手
 UZR12.9(リーグ2位)RngR8.2(リーグ1位)と、今季も守備面での活躍は素晴らしく、盗塁数21 盗塁成功率75%と、走塁の面においても、チームに貢献しています。
 また、課題の出塁率に関しては、ここ最近は良化傾向にあるものの、出塁率.320という数字は、少し物足りない部分があります。出塁率が改善された場合、源田選手の打者としての価値はさらに高まりますし、今後は、出塁率の向上を期待したいです。そのためには、28.2%というボール球スイング率の数字を向上させていく必要があるでしょう。
 
中村選手 
 打撃面では、特に、勝負所で結果を残すことが多く、貴重な働きを見せてくれました。また、守備に関しても、UZR-0.3 RngR-2.6と、そこまで良い数字ではありませんでしたが、まずまずの働きだったと思います。
 ただ、疲労の面については、不安な部分が大きいです。後半戦ではDHで起用する頻度をもう少し増やし、疲労の軽減に努めてほしいです。

<外野手>
栗山選手
 今季の栗山選手に関しては、ボール球に手を出すシーンが多いように感じますが、実際の数値としても、ボール球スイング率23.8%と、あまり良くない数字を記録してしまっています。
 選球眼は、栗山選手の一番の長所とも呼べるような部分ですし、後半戦は、その部分で、本来の良さを発揮してくれることを願いたいです。

木村選手
 木村選手は、主に、"左投手相手に結果を残すこと"、"高い守備力"、"パンチ力"の3つが求められる選手だと思いますが、対左打率.138 UZR-8.9 RngR-11.1 長打率.319と、どの部分においても、良い数字を残すことはできていません。特に、守備面での数字は大きな問題点だと思います。守備固めの形で出場することも多い選手ですし、後半戦は、特に、守備面での改善が求められます。


  後半戦も、多くの選手の活躍を期待したいです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

 今回は、開幕から64試合を終えた中で感じたことについて述べていきます。

<先発>
 なかなか空振りを奪うことができていない西武の投手陣の中で、今井投手は空振り率11.1%、髙橋光投手は11.3%と、悪くない数字を記録しています。特に、今井投手はスライダー・チェンジアップ、髙橋光投手はスライダー・フォークで空振りを奪えています。ともにエースになれる素質を持った投手ですし、今後の投球にも期待していきたいです。
(参考として、千賀投手は13.7% 山本由伸投手は12.8% 山岡投手は10.3% 涌井投手は7.3%)

 また、夏場の試合を戦う中で、イニングを食える先発投手の存在はより重要になってきます。そのため、多和田投手の復帰が待たれます。そう遠くないうちに、ファームにおいて、実戦復帰するでしょうし、内容の良い投球を期待したいところです。

 ニール投手の中日戦での登板が発表されましたが、ファームにおけるニール投手の内容を見る限り、今回の昇格は、ニール投手への期待というよりも、新外国人投手の獲得を見越した上でのラストチャンスという意味合いが大きいと、個人的には考えています。 

<リリーフ>
 リリーフにおいては、ヒース投手・マーティン投手の働きが最も重要になってくるでしょう。ヒース投手は、ここ2試合内容の悪い投球が続いており、マーティン投手は、良い内容の投球もあるものの、安定感は欠いています。彼らの状態次第では、平井投手の負担がさらに大きくなってしまいますし、今後は、安定した投球を見せて欲しいです。

 ファームにおいて、武隈投手は良い投球が続いているので、近いうちに一軍に昇格する可能性は大いにあるでしょう。また、小川投手の投球内容を考えると、対左要員として、代わりに野田投手が上がってくることも十分に考えられます。

<捕手・内野手>
 捕手・内野手においては、森選手・中村選手の負担の大きさが不安要素です。岡田選手・佐藤選手と、信頼できるバックアップの選手がいる以上、彼らを起用する機会を増やし、森選手・中村選手の負担軽減に努めて欲しいところです。
 また、源田選手・外崎選手・山川選手に関しても、試合展開によっては、途中で交代させ、休養を与えることがあっても良いのではないかと感じます。

<外野手>
 外野においては、ライトのポジションに誰を置くかということが最も注目すべきポイントだと思います。木村選手の一番の価値は、守備力の高さだと思いますが、今季は、スローイングの精度は素晴らしいものの、守備範囲は非常に狭く、守備における貢献度は決して高くはありません。(RngR−6.5 UZR−4.4 RngRは守備範囲を表す指標)
 守備での貢献度が高くない以上は、他の選手を優先して起用すべきだと、個人的には感じます。具体的には、愛斗選手をライトで起用する形、及び、レフトに栗山選手、ライトに金子選手を起用する形を増やしていって欲しいと考えています。


 明日は、今井投手の好投を期待したいです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

 今回は、開幕から42試合を終えた中で感じたことについて触れていきます。


 _20190520_161902
出典:https://www.daily.co.jp

<先発>
 先発投手においては、やはり多和田投手の状態が気掛かりです。今季は、特に、フォーシームの球威・スライダーの精度に課題を抱えているように感じます。空振りがあまり奪えていないのも、その部分による影響が大きいでしょう。フォーシームとスライダーは多和田投手の軸となる球種ですし、今後は、その部分における改善に期待したいです。

<リリーフ>
  リリーフにおける問題点としては、マーティン投手・野田投手の不調の影響で、信頼の置ける投手が少なく、結果的に平井投手に大きな負担がかかっていることが挙げられます。その中で、個人的には、森脇投手・佐野投手の起用によって、平井投手の負担を軽減すべきだと感じています。森脇投手は昇格後、良いピッチングを見せていますし、佐野投手も今季は球威のあるフォーシームを投げています。また、両投手ともに三振を奪える点も魅力です。 
 佐野投手の起用法を変えた場合、代わりのロングリリーフの投手が必要になってきます。その中で、國場投手・ニール投手あたりが候補となってくると思います。個人的には、小石投手・粟津投手に期待していますが、ここ最近の投球を見る限り、あまり状態は良くないです。

<内野>
 内野においては、サードの二番手の選手が、依然として定まっていません。能力だけを考えた場合、佐藤選手が第一候補となりますが、このポジションでは、中村選手の休養時にしか出場機会が得られませんし、個人的には、ファームで安定して試合に出た方が良いと感じます。そのため、現状では、熊代選手を起用するのがベストかなと感じます。
 山野辺選手に関しては、サードとしての経験が少なすぎますし、サードとしては起用すべきではないと感じます。また、呉選手は、現在打撃の状態が良いですが、守備力を考えると、サードを守らせることは難しいと思います。

<外野>
 外野においては、両翼の選手の打撃力の低さが問題点として挙げられます。ただ、この問題に関しては、解決される可能性は非常に低いと思います。
 個人的には、栗山選手のレフトでの起用をもう少し増やしてほしいです。


 明日は、十亀投手の好投を期待したいです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

 今回は、開幕から31試合が経過した中で、個人的に気になった何人かの選手について触れていきます。

金子選手・源田選手
金子選手:打率.215 出塁率.291 長打率.237 OPS.528
源田選手:打率.270 出塁率.292 長打率.325 OPS.618

 源田選手は、もともと出塁率の低いタイプではありますが、今季の出塁率はさすがに低すぎます。タイプ的に、今後出塁率が飛躍的に向上するとは思えませんが、それでも、もう少し数字を改善する必要があります。
 金子選手は、出塁率と打率の差を考えると、悪い数字ではありませんが、そもそもの打率が低すぎます。今後は打率はもちろん、長打率も改善する必要があります。それらの数字が上がれば、相手バッテリーからの警戒度も上がり、必然的に出塁率も良い数字を記録しやすくなります。
 今後も彼らが1・2番を打つケースは多いでしょうし、より良い数字が求められます。

多和田投手
 今季の多和田投手はあまり良い投球ができておらず、イニングもあまり食うことができていません。結果を残してもらう必要がある投手ですし、今後は良い投球を見せてくれることを願いたいです。多和田投手の一番のバロメーターはフォーシームの球威だと思いますし、その部分が最も重要になってくると思います。

小川投手
 今季の小川投手は10−0と右打者は完璧に抑えていますが、14−7と左打者には打ち込まれてしまっています。 ただ、6日での試合での茂木選手への投球は素晴らしかったですし、あの投球を良いきっかけにしてほしいです。現状では、一軍の左腕の中継ぎは小川投手・佐野投手しかいませんし、小川投手にかかる期待は大きいです。


 明日は、高橋光投手の好投に期待したいです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

 昨日の試合で、3・4月の試合は全て終了したので、今回は西武における個人的な月間MVPについて述べていきます。

 _20190430_112839
出典:https://hochi.news

<野手>
森選手
打率.369 出塁率.465 OPS.1.061
3本塁打 24打点 盗塁阻止率.367 

 森選手は、シーズン序盤、秋山選手・山川選手の状態があまり良くなかった際に、彼らの不調をカバーするような活躍を見せてくれました。その活躍はチームにとって大きな価値があったと思います。また、今季からマスクを被る機会が増えた中で、守備面でも良い働きを見せています。

次点では源田選手が挙げられます。
打率.310 出塁率.337 OPS.707
UZR4.5 4盗塁(8-4)

 源田選手は、死球による離脱はあったものの、今季も素晴らしい守備を見せてくれています。彼のショートの守備は12球団でもトップだと思います。また、チャンスでの勝負強さも含め、打撃でもチームに貢献しています。ただ、今季は盗塁を失敗するシーンが目立つので、その部分は改善が必要だと思います。

<投手>
平井投手
13試合 13 2/3回 防1.32
14奪三振 WHIP1.02
 
 平井投手は、ヒース投手の離脱・マーティン投手の不調などによって、ブルペンの状況が苦しくなった中で、チームを支えてくれました。ただ、回跨ぎなども含め、彼に大きな負担がかかっていることも事実です。平井投手の負担を軽減する上で、最も重要になってくるのは、今後のマーティン投手の出来だと思います。マーティン投手は、ここ最近、良い内容の投球も何度かありましたし、今後信頼度を高めていってほしいです。

次点では増田投手が挙げられます。
12試合 14回 防1.29
12奪三振 WHIP0.79

 増田投手も平井投手同様、ブルペンの状況が苦しい中で、良い活躍を見せてくれました。昨年の不調の時期は、フォーシームで空振りが奪えていませんでしたが、今季は安定してフォーシームで空振りを奪うことができています。ヒース投手が復帰しましたが、今後もクローザーとして起用されるでしょうし、安定した投球を続けてほしいです。


 また、今回は先発投手の名前が挙がりませんでしたが、5月は先発投手のさらなる好投を期待したいところです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

このページのトップヘ