とある西武ファンの雑感

埼玉在住の西武ファンです。 西武に関する様々なことに触れていきたいです。

カテゴリ: ファーム

 今回は、ファームにおける昇格候補の選手について述べていきます。 


 _20190602_005934
出典:https://www.nikkansports.com

<先発>
 郭投手が一軍に合流している中で、積極的に一軍に上げたい先発投手は現状としてはいないと思います。ニール投手は、依然として左打者への投球に課題を抱えていますし、相内投手は、フォーシームの球威・制球面ともに課題があるように感じます。また、内海投手は、まだ復帰のメドが立っていません。

 多和田投手に関しては、現状では、今後の登板予定は分かりませんが、復帰を急ぐようなことはしないでほしいです。

<リリーフ>
 右のリリーフにおける昇格候補としては、田村投手・大石投手・リャオ投手が挙げられます。
 
 田村投手は安定した投球を続けており、大石投手は質の良いフォーシームを投げています。また、リャオ投手に関しては、ここ最近の登板で失点はしているものの、投げているボール自体はとても良いです。

 左の候補としては、野田投手が候補として挙げられます。

 野田投手は、抹消後、内容の悪い投球が続いていましたが、ここ2試合は良い内容の投球を見せています。ただ、個人的には、もう少しファームで調整を続けるべきかなと感じます。

 また、ロングリリーフの候補としては、國場投手が挙げられます。

 前回登板では、危険球退場により、一つのアウトも取れずに降板することとなってしまいましたが、今季は安定して結果を残していますし、昇格候補の一人になってくると思います。
 また、武隈投手に関しては、前回登板を見る限り、投げているボール自体はある程度良かったように感じましたが、まだ復帰直後ですし、もう少し時間がかかると思います。

<内野手>
 内野の昇格候補としては、山田選手・水口選手が挙げられます。

 山田選手・水口選手はともに打撃の状態が良いです。サードのバックアップが必要になった場合は山田選手・セカンドのバックアップが必要になった場合は水口選手が選択されると思われます。山田選手は、ファームではショートを守ることが多いですが、守備力を考えると、一軍の舞台でショートを守らせることは現状では難しいと思います。
 また、左の代打要員として呉選手・守備固めの要員として永江選手も候補となってきます。
 
 山野辺選手も打撃の状態は良いですが、現状としては、ファームで安定した出場機会を得て、守備力の改善に努めることが重要だと個人的には感じます。
 また、昇格後、佐藤選手はまだ一軍で出番をもらえていませんが、ファームでの内容を見る限り、十分に期待の持てる選手ですし、中村選手の休養も兼ねて、どこかのタイミングでスタメンとして起用してほしいです。

<外野手>
 外野の昇格候補としては、愛斗選手が挙げられます。

 愛斗選手は打撃の状態は良いですし、守備でも何度か良いプレイを見せています。戸川選手の活躍は、良い刺激になっているでしょうし、愛斗選手の一軍での活躍にも期待したいところです。また、左の外野手では、鈴木選手・斉藤彰選手が候補となってきます。


 今後も多くの選手の活躍を期待したいです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

5月29日 楽天戦 1−2で敗戦

投手成績
小石4回無失点 被安打2 与四球3 3奪三振
粟津1回無失点 被安打1 与四球1 0奪三振
大石1回無失点 被安打0 与四球0 2奪三振
野田1回無失点 被安打0 与四球1 1奪三振
田村1回無失点 被安打0 与四球0 0奪三振
南川1回2失点  被安打3 与四球2 1奪三振


 _20190529_223507
出典:https://number.bunshun.jp

野手成績
1番4水口 右安 投ゴロ 右安 三振

2番DH山野辺 捕邪飛 ニゴロ 二飛 四球

3番6山田 左安 中安 二飛 投犠

4番7斉藤彰 投ゴロ 右2 左飛 三振
  9高木渉

5番8愛斗 三ゴロ 三振 三振 三振

6番9鈴木 三ゴロ 中犠飛 三ゴロ 投ゴロ

7番5永江 左安 三振 三振
  PH川越 中飛

8番3呉 左飛 中2 四球

9番2牧野 右飛
  2齊藤誠  投犠 投ゴロ

<投手陣>
 粟津投手は、制球面、特に持ち味であるシンカーの制球に苦しんでいるという印象を持っています。武器になりうる球種を多く持っている投手ですし、制球面が改善されれば、一軍で活躍できる可能性は十分にあると思います。
 大石投手は、久しぶりの投球でしたが、フォーシームに球威があり、良い内容の投球だったと思います。ただ、離脱さえなければ、すでに一軍に上がっていた可能性が極めて高い投手ですし、結局のところ、今後もコンディション管理が最も重要になってきます。

 野田投手は、この試合に限らず、与四球・捉えられた打球ともに多いです。まだ調子を取り戻していないように感じます。
 また、田村投手は、この試合でも好投を見せてくれました。

<野手陣>
 愛斗選手は、この試合において、外の変化球への対応に苦しんでいましたが、一軍に上がった場合でも、外の変化球を投げられるケースは非常に多いでしょうし、このボールへの対応は非常に重要になってきます。今後は、ボール球のスイング率を減らしていく必要があります。
 また、山田選手は、スタメンでの出場は久しぶりでしたが、2本のヒットを放ちました。辻監督からの期待が大きい選手ですし、良い状態を維持できれば、一軍昇格の可能性は十分にあると思います。


 田村投手は一軍昇格が近いと思われます。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

5月28日 楽天戦 9×−8で勝利

投手成績:ニール5回7失点(自責1)東野1回無失点 松本直2回1失点 田村1回無失点


 _20190529_103017
出典:https://www.daily.co.jp

野手成績
1番5西川 中飛 三ゴロ 左飛 三ゴロ
  PH山田 死球

2番4山野辺 右安 左3 四球 三ゴロ 四球

3番6綱島 中飛 遊ゴロ 右安 投ゴロ 右飛

4番8川越 三振 遊飛 右2 三振 四球

5番DH愛斗 二飛 中安 四球 三ゴロ 右安

6番7鈴木 右安 中飛 左安 遊ゴロ 中安

7番9高木渉 二飛 右安 二併殺 三振 三振

8番3呉 左飛 四球 遊ゴロ 四球 左安

9番2齊藤誠 三振 中安 遊ゴロ
  PH斉藤彰 三振
  2牧野 右安(サヨナラ打)

<投手陣>
 ニール投手は、左打者へのフロントドアのツーシームは素晴らしかったものの、外角を狙ったボールが甘く入り、それを痛打されるケースが目立ちました。また、ここ最近の登板とは異なり、右打者の内角への制球もあまり定まっていませんでした。
 多くの守備のミスに苦しめられた部分はありましたが、それを差し引いても、あまり良い投球ではなかったと思います。

 東野投手に関しては、"質の良いフォーシームを投げる投手"という印象を持っています。特に、左打者の外角へのボールは素晴らしいと感じます。まだ経験は浅い投手ですが、着実に育っていってほしいです。
 田村投手はここ最近安定した投球が続いています。ファームのリリーフにおいて、國場投手と並んで昇格候補の一人だと思います。 

<野手陣>
 鈴木選手は、この試合でのヒットのように、打撃センスを感じさせるようなヒットは決して少なくないですが、なかなか安定して結果を残すことができていません。また、守備面でのミスも多いです。そのため、今後は攻守両面において、安定した活躍が求められます。一軍の外野手の陣容は決して盤石なものではないですし、今後の結果次第では、一軍昇格の可能性も十分にあります。
 また、西川選手は、この試合でのエラーも含め、サード特有の速い打球の処理に苦労しているという印象を持っています。ただ、西川選手の守備に関しては、長い目で見ていく必要があると思います。


 劇的な試合でした。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

5/26 日本ハム戦 6−1で勝利

投手成績
武隈3回無失点 被安打2 与四球1 奪三振3
國場2回無失点 被安打1 与四球0 奪三振2
松本直1回無失点 被安打0 与四球0 奪三振0
リャオ1回1失点 被安打1 与四球1 奪三振3
藤田1回無失点 被安打0 与四球0 奪三振3
南川1回無失点 被安打1 与四球1 奪三振1


 _20190526_211538
出典:https://headlines.yahoo.co.jp

野手成績
1番3西川 三エラー 四球 三振 左飛 遊ゴロ

2番5山野辺 左安 二飛 二飛 三振

3番7斉藤彰 三振 ニゴロ 遊安
  7鈴木 四球

4番DH川越 ニゴロ 右安 右飛
  DH呉 左飛

5番9愛斗 左安 三併殺 中本 一飛

6番4水口 遊ゴロ 中安 ニゴロ
  5永江 二安

7番8高木渉 左安 遊併殺 中本 右安

8番6金子一 遊飛 捕邪飛 左安
  6山田 右安

9番2齊藤誠 一ゴロ 中飛 三振 三振

<投手陣>
 武隈投手は、久しぶりの登板となりましたが、まずまずの投球を見せてくれました。実際の投球としては、フォーシーム・スライダー・カーブ・チェンジアップをバランスよく投げていたという印象です。立ち上がりはボールがやや高かったですが、試合の中で、しっかりと修正することができていました。特に、フォーシームは素晴らしいボールが何球かありました。
 今後はリリーフとして起用されるようですが、十分に期待が持てると思います。

 リャオ投手は、前回登板に引き続き、この試合でも失点してしまいましたが、投げているボール自体は決して悪くはありません。田村投手の方が優先度は高いでしょうが、リャオ投手も、右のリリーフにおいて、昇格候補の一人だと思います。
 藤田投手は、三者連続三振と、素晴らしい投球を見せてくれました。この試合で投じた13球のほとんどが質の良いボールでした。何かを掴んだ可能性がありますし、今後の登板にも注目していきたいです。

<野手陣>
 愛斗選手に関しては、一軍で経験を積むべき段階に来ていると思いますし、個人的には、ライトのポジションにおいて、戸川選手と併用してほしいと考えています。今後のアピール次第では、すぐに一軍に戻るチャンスがあると思われるので、良い状態をキープしていってほしいです。
 また、高木渉選手もここ最近すごく状態が良いです。


 武隈投手をはじめ、松本直投手や山田選手など、多くの選手が実戦復帰を果たした試合でした。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

5月22日 ロッテ戦 2−3×で敗戦

投手成績:ニール4回2失点 郭4回無失点 野田2/3回1失点


 _20190523_002527
出典:https://www.nishinippon.co.jp

野手成績
1番6綱島 遊ゴロ 二ゴロ 右安 三振

2番9戸川 三振 三振 三ゴロ 左飛 

3番5佐藤 右飛 遊ゴロ 右安 右飛

4番8川越 四球 遊ゴロ 二ゴロ 三振

5番DH斉藤彰 三振 遊ゴロ 左2 二ゴロ

6番3西川 二ゴロ 右安 捕犠

7番4金子一 中飛 中飛 二ゴロ

8番7鈴木 遊ゴロ 左飛 遊ゴロ

9番2齊藤誠 中飛 右安 三振

<投手陣>
ニール投手 被安打3 与四死球1 奪三振2
 全体的に甘いボールが非常に少なかったですし、良い内容の投球だったと思います。特に、右打者の内角へのツーシーム、左打者の外角へのツーシーム・チェンジアップが良かったです。
 また、打たれ出すと止まらなくなってしまう点はニール投手の課題ですが、この試合に関しては、香月選手に被弾した後、きっちりと後続の打者を抑えることができていました。

郭投手 被安打3 与四死球2 奪三振1
 球威はあったように感じましたが、全体的に甘いボールが多く、相手の打者にしっかりとスイングされるケースが目立ちました。今日に関しては、ニール投手の方が良い内容だったと思います。
 ただ、4イニング目の投球は素晴らしかったですし、試合中にピッチングを修正できた点は好材料です。

野田投手 被安打2 与四死球1 奪三振2
 一軍登録を抹消されてからある程度の期間が経過しましたが、この試合においても、投球の内容は良くなかったです。最近の登板では、野田投手の一番の強みである投げっぷりの良さをあまり発揮できていないという印象です。

<野手陣>
 無死2塁の場面で西川選手に送りバントをさせたように、ファームにおいて、ここ最近バントが非常に増えています。ただ、西川選手のように、期待の大きな選手には、打たせて欲しいと個人的には感じます。
 また、齊藤誠選手の盗塁阻止や金子一選手のファインプレイなど、守備面で多くの好プレイがありました。
 

 野田投手には何とか復調してほしいところです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

このページのトップヘ