とある西武ファンの雑感

埼玉在住の西武ファンです。 西武に関する様々なことに触れていきたいです。

2019年05月

5月31日 ロッテ戦 3−2で勝利

投手成績:髙橋光6回2/3 2失点 平井1回1/3無失点 増田1回無失点

野手成績:戸川HR 中村・外崎タイムリーなど


 _20190531_215557
出典:https://headlines.yahoo.co.jp

<投手陣> 
 髙橋光投手は良い投球を見せてくれました。カット系のボール・フォークで多くの空振りを奪えていましたし、フォーシームの球威も悪くありませんでした。終盤疲れが出てきた中で、制球を乱した部分はありましたが、全体としては良い投球だったと思います。
 また、両先発の投球を見ている中で、フォークという球種の価値を改めて感じました。

 平井投手は、とても厳しい場面での登板となりましたが、きっちりと抑えてくれました。井上選手に粘られながらも、四球を出さなかったことはさすがでした。また、右打者へのフロントドアのスライダーの精度は素晴らしいです。
 増田投手は今日も良い投球を見せてくれました。 

<野手陣>
 今日の二木投手の状態を考えると、2回の森選手のヒットが無かった場合、その後も抑えられていた可能性は十分にあったと思います。そのため、あの一打には大きな価値があったと思います。

 源田選手は、出塁率の低い選手ではありますが、ここ最近は粘って四球を選ぶシーンが増えているように感じます。外崎選手・山川選手と、長打のある打者が後に続く中で、源田選手の出塁は大きな価値がありますし、今後も多くの四球を選んでほしいです。  
 戸川選手は守備面でミスがありましたが、戸川選手に限らず、若手の選手が守備面でミスをすることは決して珍しいことではないですし、首脳陣としても、我慢すべき部分だと思います。また、守備のミスをした中で、気落ちすることなく、打撃面で結果を残せたことは非常に大きいです。 


 接戦をきっちりとモノにできたことは大きいです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

5月29日 楽天戦 1−2で敗戦

投手成績
小石4回無失点 被安打2 与四球3 3奪三振
粟津1回無失点 被安打1 与四球1 0奪三振
大石1回無失点 被安打0 与四球0 2奪三振
野田1回無失点 被安打0 与四球1 1奪三振
田村1回無失点 被安打0 与四球0 0奪三振
南川1回2失点  被安打3 与四球2 1奪三振


 _20190529_223507
出典:https://number.bunshun.jp

野手成績
1番4水口 右安 投ゴロ 右安 三振

2番DH山野辺 捕邪飛 ニゴロ 二飛 四球

3番6山田 左安 中安 二飛 投犠

4番7斉藤彰 投ゴロ 右2 左飛 三振
  9高木渉

5番8愛斗 三ゴロ 三振 三振 三振

6番9鈴木 三ゴロ 中犠飛 三ゴロ 投ゴロ

7番5永江 左安 三振 三振
  PH川越 中飛

8番3呉 左飛 中2 四球

9番2牧野 右飛
  2齊藤誠  投犠 投ゴロ

<投手陣>
 粟津投手は、制球面、特に持ち味であるシンカーの制球に苦しんでいるという印象を持っています。武器になりうる球種を多く持っている投手ですし、制球面が改善されれば、一軍で活躍できる可能性は十分にあると思います。
 大石投手は、久しぶりの投球でしたが、フォーシームに球威があり、良い内容の投球だったと思います。ただ、離脱さえなければ、すでに一軍に上がっていた可能性が極めて高い投手ですし、結局のところ、今後もコンディション管理が最も重要になってきます。

 野田投手は、この試合に限らず、与四球・捉えられた打球ともに多いです。まだ調子を取り戻していないように感じます。
 また、田村投手は、この試合でも好投を見せてくれました。

<野手陣>
 愛斗選手は、この試合において、外の変化球への対応に苦しんでいましたが、一軍に上がった場合でも、外の変化球を投げられるケースは非常に多いでしょうし、このボールへの対応は非常に重要になってきます。今後は、ボール球のスイング率を減らしていく必要があります。
 また、山田選手は、スタメンでの出場は久しぶりでしたが、2本のヒットを放ちました。辻監督からの期待が大きい選手ですし、良い状態を維持できれば、一軍昇格の可能性は十分にあると思います。


 田村投手は一軍昇格が近いと思われます。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

5/29 楽天戦 4−1で勝利

投手成績:十亀6回1失点 小川2/3回無失点 森脇1/3回無失点 平井1回無失点 増田1回無失点

主な野手成績:山川HR 秋山・源田2安打など


 _20190529_211710
出典:https://www.nikkansports.com

<投手陣>
 十亀投手は、状態はそこまで良くなかったと思いますが、きっちりと試合を作ってくれました。与四死球は少し多かったですが、大崩れすることはありませんでした。
 十亀投手に対しては、今後も左打者を並べられるケースが多いと思いますが、今日のように、内角にしっかりと投げ込むことができれば、そこまで問題はないと思います。

 不慣れな地方球場のマウンドにおいて、できればヒース投手を登板させたくないという気持ちは十分に理解できますし、8回にヒース投手ではなく、平井投手を選択した判断は悪いものではなかったと思います。ただ、昨日に関しては、平井投手を休ませるべきだったと思います。
 また、昨日に関しても、今日に関しても、右打者に対して小川投手を引っ張ってもよかったのではないかと感じます。 
 
<野手陣>
 外崎選手は、凱旋試合において、攻守で良い働きを見せてくれました。併殺完成能力に不安はありますが、守備範囲は広いですし、全体的には良い守備をしてくれていると思います。負担の大きいセカンドを守りながら、3番という打順を打つことは大変なことだとは思いますが、今後も良いプレイを見せてほしいです。
 戸川選手は、変化球を見極めることができていましたし、打撃の内容はすごく良かったです。現在の状況は戸川選手にとって大きなチャンスですし、このチャンスをものにしてほしいです。 


 大きな勝利でした。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

5月28日 楽天戦 9×−8で勝利

投手成績:ニール5回7失点(自責1)東野1回無失点 松本直2回1失点 田村1回無失点


 _20190529_103017
出典:https://www.daily.co.jp

野手成績
1番5西川 中飛 三ゴロ 左飛 三ゴロ
  PH山田 死球

2番4山野辺 右安 左3 四球 三ゴロ 四球

3番6綱島 中飛 遊ゴロ 右安 投ゴロ 右飛

4番8川越 三振 遊飛 右2 三振 四球

5番DH愛斗 二飛 中安 四球 三ゴロ 右安

6番7鈴木 右安 中飛 左安 遊ゴロ 中安

7番9高木渉 二飛 右安 二併殺 三振 三振

8番3呉 左飛 四球 遊ゴロ 四球 左安

9番2齊藤誠 三振 中安 遊ゴロ
  PH斉藤彰 三振
  2牧野 右安(サヨナラ打)

<投手陣>
 ニール投手は、左打者へのフロントドアのツーシームは素晴らしかったものの、外角を狙ったボールが甘く入り、それを痛打されるケースが目立ちました。また、ここ最近の登板とは異なり、右打者の内角への制球もあまり定まっていませんでした。
 多くの守備のミスに苦しめられた部分はありましたが、それを差し引いても、あまり良い投球ではなかったと思います。

 東野投手に関しては、"質の良いフォーシームを投げる投手"という印象を持っています。特に、左打者の外角へのボールは素晴らしいと感じます。まだ経験は浅い投手ですが、着実に育っていってほしいです。
 田村投手はここ最近安定した投球が続いています。ファームのリリーフにおいて、國場投手と並んで昇格候補の一人だと思います。 

<野手陣>
 鈴木選手は、この試合でのヒットのように、打撃センスを感じさせるようなヒットは決して少なくないですが、なかなか安定して結果を残すことができていません。また、守備面でのミスも多いです。そのため、今後は攻守両面において、安定した活躍が求められます。一軍の外野手の陣容は決して盤石なものではないですし、今後の結果次第では、一軍昇格の可能性も十分にあります。
 また、西川選手は、この試合でのエラーも含め、サード特有の速い打球の処理に苦労しているという印象を持っています。ただ、西川選手の守備に関しては、長い目で見ていく必要があると思います。


 劇的な試合でした。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

5/26 日本ハム戦 6−1で勝利

投手成績
武隈3回無失点 被安打2 与四球1 奪三振3
國場2回無失点 被安打1 与四球0 奪三振2
松本直1回無失点 被安打0 与四球0 奪三振0
リャオ1回1失点 被安打1 与四球1 奪三振3
藤田1回無失点 被安打0 与四球0 奪三振3
南川1回無失点 被安打1 与四球1 奪三振1


 _20190526_211538
出典:https://headlines.yahoo.co.jp

野手成績
1番3西川 三エラー 四球 三振 左飛 遊ゴロ

2番5山野辺 左安 二飛 二飛 三振

3番7斉藤彰 三振 ニゴロ 遊安
  7鈴木 四球

4番DH川越 ニゴロ 右安 右飛
  DH呉 左飛

5番9愛斗 左安 三併殺 中本 一飛

6番4水口 遊ゴロ 中安 ニゴロ
  5永江 二安

7番8高木渉 左安 遊併殺 中本 右安

8番6金子一 遊飛 捕邪飛 左安
  6山田 右安

9番2齊藤誠 一ゴロ 中飛 三振 三振

<投手陣>
 武隈投手は、久しぶりの登板となりましたが、まずまずの投球を見せてくれました。実際の投球としては、フォーシーム・スライダー・カーブ・チェンジアップをバランスよく投げていたという印象です。立ち上がりはボールがやや高かったですが、試合の中で、しっかりと修正することができていました。特に、フォーシームは素晴らしいボールが何球かありました。
 今後はリリーフとして起用されるようですが、十分に期待が持てると思います。

 リャオ投手は、前回登板に引き続き、この試合でも失点してしまいましたが、投げているボール自体は決して悪くはありません。田村投手の方が優先度は高いでしょうが、リャオ投手も、右のリリーフにおいて、昇格候補の一人だと思います。
 藤田投手は、三者連続三振と、素晴らしい投球を見せてくれました。この試合で投じた13球のほとんどが質の良いボールでした。何かを掴んだ可能性がありますし、今後の登板にも注目していきたいです。

<野手陣>
 愛斗選手に関しては、一軍で経験を積むべき段階に来ていると思いますし、個人的には、ライトのポジションにおいて、戸川選手と併用してほしいと考えています。今後のアピール次第では、すぐに一軍に戻るチャンスがあると思われるので、良い状態をキープしていってほしいです。
 また、高木渉選手もここ最近すごく状態が良いです。


 武隈投手をはじめ、松本直投手や山田選手など、多くの選手が実戦復帰を果たした試合でした。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

このページのトップヘ