とある西武ファンの雑感

埼玉在住の西武ファンです。 西武に関する様々なことに触れていきたいです。

2019年03月

31日ソフトバンク戦 1−3で敗戦

投手成績:高橋光7回3失点 小川2/3回無失点 平井1/3回無失点

主な野手成績:中村HRを含む猛打賞 木村2安打など

 _20190331_152135
出典:https://sportiva.shueisha.co.jp

<投手陣>
 高橋光投手に関してですが、素晴らしい投球だったと思います。制球に苦労する場面もほとんど無く、少ない球数で試合を作ることができていましたし、安定して空振りも奪えていました。また、イニングを食ってくれたことも、チームにとって大きな価値があったと思います。HRを打たれた後も、大崩れしなかった点なども含め、今後の登板に大きな希望を残してくれるような内容でしたし、今後も期待していきたいです。

<野手陣>
 打線に関しては、1点に抑えられましたが、不運な判定が絡んでいた点もありましたし、そこまで悪くはなかったと思います。ここまで苦しんでいた金子選手・木村選手にもヒットが出ました。金子選手はアウトになった打席でも内容は良かったですし、この試合をきっかけとして、調子を上げていってほしいです。また、中村選手も両方向に長打を放つなど、非常に状態が良いです。
 この試合にも敗れ、開幕3連敗という形になりましたが、決して絶望的な状況ではないです。ただ、連敗がズルズルと続いてしまうことは避けなければいけないですし、ホーム開幕戦となる次の試合で勝利を収め、連敗を止めたいところです。

 また、審判の判定についてですが、今日のように西武が不利になる判定・また逆に有利になる判定を含め、NPBでは非常に多くの誤審が起こっています。そのような中で、個人的には審判のレベルアップにはほとんど期待していません。ただ、リクエストに関しては改善の余地が多いですし、また改善できる可能性もあると思います。現状のリクエストの問題点としては、“プレーを見返すためのカメラの数が少ないこと”、“グラウンドで判定を行っている審判がベンチ裏に下がって、ビデオ判定を行うため、無駄な時間がかかること”の二つが主に挙げられます。その二つはともに改善できるものですし、昨季からすでに問題視されてきたものです。早急に何か対策を行って欲しいです。


 スポーツの試合を見るうえで、審判が主役になる試合はつまらないですし、そのような試合を求めているファンはいないと思います。今日のように後味の悪い試合が今後できるだけ少なくなることを願っています。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

30日楽天戦 0−9で敗戦(5回終了後、雪によりコールドゲーム)

投手成績:伊藤5回9失点(エラー絡みの失点だったため自責点1)

野手成績
1番6山田 遊ゴロ 中飛
2番9戸川 遊安 四球
3番DHメヒア 二飛 三振
4番8川越 三ゴロ 二飛
5番7斉藤彰 左飛 中飛
6番5金子一 三振 三振
7番3呉 遊ゴロ 二ゴロ
8番4永江 三振 四球
9番2齊藤誠 左飛 投ゴロ

 この試合は、雪がかなり降っていましたし、なぜ試合が5回まで行われたのか疑問に思いました。伊藤投手はかなり内容が悪かったですが、この日のコンディションを考えると、仕方ない部分もあったと思います。雪の中での登板となりましたし、しっかりと体調管理を行い、次回登板に備えてほしいです。 また、この雪の影響で、31日の試合は中止となりました。

 _20190331_112618
出典:https://sportsbull.jp

 
 今日、ヒース投手とリャオ投手の入れ替えが発表され、早くも一軍・二軍間の入れ替えが行われました。そこで、今後の一軍候補の選手について触れていきます。
<内野陣>
 内野陣における昇格候補としては、山田選手・永江選手の二人が挙げられます。山田選手は、ここまで打率.282 OPS.865という成績を残していますし、打席での内容も良いです。ただ、昇格を狙う上で、比較対象となる佐藤選手と比べると、打撃では山田選手・守備では佐藤選手がそれぞれ勝っているので、首脳陣がその部分をどう判断するかによって、今後一軍に上がるかが判断されると思います。ただ、打撃が好調とはいえ、30日のエラーを含め、山田選手の守備でのミスは少し多いですし、今後の改善は当然必要となってきます。また、永江選手は、ここまでサード・ショート・セカンドと様々なポジションを守っています。内野の守備固めの要員が一軍で必要になった場合は、永江選手が選択されると思います。

<外野陣>
 2試合の結果だけで判断する気はありませんが、今後、木村選手がレギュラーとしてではなく、昨季同様、主に左投手が先発する際に出場する形になる可能性はあると思います。そうなった場合、特に左の外野手にはチャンスがありますし、具体的には一軍のメンバーでは鈴木選手・二軍では戸川選手にチャンスがあると思います。その中でも、戸川選手はファームで打率.333 OPS.874と好調ですし、今季中の一軍デビューがあるかもしれません。本人の調子とチーム状況を考えると、戸川選手には現在、これまでのキャリアの中で最も大きなチャンスが訪れていると思います。今後も安定した活躍を見せれば、十分にチャンスはあると思いますし、活躍を期待したいです。また、バックアップとして、斉藤彰選手も候補になってくると思います。

<投手陣>
 今日、リャオ投手の昇格が発表されましたが、正直とても驚きました。リャオ投手のここまでの3登板を考えると、3登板のうち2試合でそれほど内容が良くなかったですし、何よりリャオ投手に関してはもっと長期的な視野で成長を期待していると思っていたので、この段階での昇格は予想外でした。ただ、これまでも何度か触れているように、ロングリリーフの投手は依然として、一軍に必要ですし、小石投手粟津投手は昇格候補に挙げられると思います。また、ヒース投手に関しては、細かい状況はよく分かってはいませんが、チームに必要な投手には変わりありませんし、時間がかかったとしても、本調子を取り戻してほしいです。


 今後も選手の入れ替えは何度も行われるでしょうし、ヒース投手の調整も含め、ファームの動向にも注目していきます。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ


  

29日ソフトバンク戦 5−6で敗戦

投手成績:今井4回1/3 6失点 野田1回2/3無失点 田村1回2/3無失点 小川1/3回無失点

主な野手成績:栗山・山川HR 森・中村タイムリーなど

 _20190330_162909
出典:https://www.nikkansports.com

<投手陣>
 まず、今井投手に関してですが、“先頭打者への入り”と“無駄な四球”の2つがこの試合での大きな課題となりました。特に、今宮選手への押し出しは致命的なものとなってしまいました。守備のミスや主審のストライクゾーンの狭さに苦しめられた面はありましたが、それでも踏ん張って欲しい場面だったと思います。ただ、軸となるフォーシーム・スライダーに加え、カウント球のカーブ、そしてチェンジアップと投げているボール自体は素晴らしかったですし、シーズン初登板はどの投手にとっても難しいものなので、次回以降の登板に期待したいです。
 また、2点差ビハインドという接戦で田村投手を投入することは勇気のいる決断だったと思いますが、良い継投だったと思いますし、その起用に応えた田村投手も素晴らしかったです。内外角にボールを動かす彼の持ち味を発揮できていました。
 また、昨季に続いて今季もここまで今宮選手に良く打たれてしまっています。 柳田選手のような選手に良く打たれることと今宮選手に良く打たれることでは全く意味合いが違いますし、今宮選手は抑えなければいけない打者です。そろそろ有効な対策を行ってほしいです。

<野手陣>
  森選手は、この試合でタイムリーを放ちました。開幕戦からバットが振れているように感じます。また、キャッチング・スローイングなど、守備面でも貢献しています。今季は、マスクを被る試合が増え、負担も増すとは思いますが、替えのきかない選手の一人ですし、活躍を期待したいです。また、栗山選手は今季も頼りになる存在だと改めて感じました。
 また、オープン戦で好調だった金子選手・木村選手にここまで当たりが出ていません。2試合の結果だけで、彼らを代えるべきだとは思いませんが、金子選手を一番に固定し続けることに意義があるとは感じないので、打順に関しては柔軟に対応してほしいです。 


 今日の試合にも敗れ、開幕2連敗となりました。何とか明日の試合に勝ち、良い形で本拠地開幕戦を迎えてほしいところです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

29日 ソフトバンク戦 4ー5×で敗戦

投手成績:多和田5回4失点 齊藤大1回無失点 平井1回無失点 増田2回無失点 マーティン1回無失点 ヒース0/3回 1失点

主な野手成績:山川グランドスラム 源田・森2安打など

 _20190329_213218
出典:https://headlines.yahoo.co.jp

<投手陣>
 まず、多和田投手に関してですが、今日の内容はそこまで悪くなかったと思います。5回の2失点は痛い失点でしたが、その2失点も主審に苦しめられた部分が大きかったと思います。特に、右打者のアウトコースにバックドア気味に入ってくるフォーシームは多和田投手の生命線とも言えるようなボールですが、今日はそのボールに対してストライクをとってもらえませんでした。オープン戦では、不安が大きかったものの、今日はフォーシームの球威もありましたし、今後の登板に全く期待が持てないというような投球ではなかったと思います。
 リリーフ陣に関しては、齊藤大〜マーティン投手に関しては、完璧な内容では無かったものの、無失点に抑えました。今日打たれたヒース投手を含め、1試合の内容では判断できない部分が多いですし、彼らの出来に関しては今後の結果を見て判断していきたいです。
 また、今季の先発陣を考えると、今日のような試合展開は増えてくると思います。そうなった時に、毎回平井投手を起用していたら、昨季同様平井投手の負担はかなり大きくなってしまいます。それを防ぐために、リリーフにおいてもイニングを食ってくれる投手が必要ですし、ロングリリーフができる投手を一軍に置いて欲しいです。具体的には、小石投手と粟津投手が候補になってくると思います。

<野手陣>
 まず、千賀投手との対戦ですが、今日に関しては仕方ない部分が大きかったと思います。フォーシームの球威は素晴らしかったですし、打線の調子に関わらず、今日の千賀投手は打つことが難しかったと思います。特に、今季から投げ始めた右打者の内角へのツーシーム・左打者の内角へのカットボールは今後も厄介なボールになりそうだという印象を受けました。ただその中でも、8回に一挙4点を取ったことは、素晴らしかったですし、山川選手の集中力は特筆すべきものでした。打線に関しても、ブルペン陣に対して述べたように、1試合では何も判断できないので、今後の内容を見ていきたいです。

 ソフトバンクに関してですが、打線はかなり驚異的だと感じました。昨年、ソフトバンクが優勝を逃した一因として、デスパイネ・内川・松田の不振が挙げられますが、この試合を見る限りは、三人とも序盤からバットは振れているように感じました。彼らが本来の調子なら、打線はかなり分厚い打線になりますし、昨季以上に怖さのある打線になってくると思います。ただ、今日の試合でも加冶屋投手が打たれたように、昨季同様ブルペン陣には不安がありますし、首脳陣の運用含め、その部分の不安は大きいと思います。


 今日の試合は、そこまで悲観的になるような内容では無かったと思いますし、切り替えて明日以降の試合に臨んでほしいです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

楽天戦 8−7で勝利

投手成績:本田4回2失点 粟津3回4失点 南川2回1失点

 _20190329_154747
出典:https://ent.smt.docomo.ne.jp


野手成績
1番7西川 一ゴロ 中飛 死球 遊飛 右安 

2番9戸川 捕邪飛 二安 右中3 二ゴロ 右2

3番3メヒア 三振 左中2 右安 三ゴロ 
  3金子一 三振

4番8川越 右中HR 遊飛 三振 右安 左飛

5番6山田 左安 中直 右安 四球 中飛

6番DH斉藤 右飛 投ゴロ 右安 三振 
  DH呉 三振

7番4山野辺 死球 遊ゴロ 三振 死球 右飛

8番5永江 右安 遊エラー 中飛 左中2 二ゴロ

9番2齊藤誠 一ゴロ 三飛 右安 中直 中安

<投手陣>
 本田投手は、フェルナンド選手に打たれたHRのように、変化球が甘く入る場面が何度かありましたが、フォーシームは良かったですし、全体的にはまずまずの投球だったと思います。今日の登板を含め、3試合続けて試合を作れていますし、今後も安定した投球を期待したいです。
 粟津投手は、4点を取られたものの、不運な当たりも何本か絡んでいましたし、そこまで悪い投球ではなかったと思います。ただ、カウントを悪くする場面が多かったので、その部分は反省点だと思います。個人的な印象としては、右打者の外角・左打者の内角へのシンカーが素晴らしく、またフォーシームの球威も良かったと感じました。
 南川投手は、ここまで先発として起用されていましたが、この試合ではリリーフとして起用されました。今後どのような形で起用されるのかは、現時点ではわからないので、今後の起用法を見ていきたいです。

<野手陣>
 8得点と打線は活発でしたし、メヒア選手・戸川選手・山田選手など、ここ最近好調な選手がこの試合でも結果を残しました。その中で、川越選手は、HRを含む2安打を放ちました。ここまで、あまり長打は出ていませんでしたが、このHRをきっかけに、今後は長打を量産してほしいです。
 齊藤誠選手は、2つの盗塁を刺しました。キャッチングも安定していますし、守備面での能力は高い選手です。この試合では、タイムリーを放った3打席目・ヒット性の当たりを放った4打席目・粘ってヒットを放った5打席目と打撃の内容も良かったです。また、西川選手が、今日状態があまり良くない中で、放ったヒットは価値ある一本だったと思います。


 ここ最近、打線の状態は良いですし、多くの選手が良いアピールを見せています。ただ、守備・走塁面ではミスが多いので、その部分はしっかりと改善していってほしいところです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
 

このページのトップヘ