とある西武ファンの雑感

埼玉在住の西武ファンです。 西武に関する様々なことに触れていきたいです。

2019年02月

 今回は、パリーグの他球団の戦力について述べていきます。

 _20190228_161817
出典:http://npb.jp/pl/



〈ソフトバンク〉
先発候補:千賀、東浜、バンデンハーク、石川、大竹、ミランダ、武田、高橋礼、和田、中田など

リリーフ候補:森、嘉弥真、加冶屋、モイネロ、甲斐野、二保、サファテ、岩嵜(復帰未定)、スアレスなど

野手
2:甲斐、高谷、栗原、市川
3:内川、グラシアル、中村
4:牧原、川島、明石
5:松田、グラシアル
6:今宮、西田
7:中村、グラシアル、長谷川
8:柳田、上林
9:上林、福田
DH:デスパイネ、長谷川

 ソフトバンクは、浅村選手、西選手の獲得失敗や、近年怪我人が続出していること、監督の采配など、不安材料はいくつかありますが、昨年同様、最終的には優勝争いに絡んでくると思います。近年の結果が示すように、パリーグでは結局のところ、ソフトバンクを倒さなければ、日本シリーズには出場できないという状況が続いていますし、今年もその構図は変わらないと思います。
 和田投手やサファテ投手などの復帰や、昨季苦しんでいた時期の多かった内川選手、デスパイネ選手らの復調などがあれば、さらに戦力の厚みは増しますし、今季も大きな脅威となるチームだと言えます。

〈日本ハム〉
先発候補:上沢、金子、マルティネス、有原、上原、ロドリゲス、加藤、杉浦、堀、村田、宮台、バーベイト、生田目など

リリーフ候補:石川直、宮西、公文、秋吉、浦野、ハンコック、井口、鍵谷、西村、玉井、藤岡など

野手
2:鶴岡、石川亮、郡、清水(故障中) 
3:中田翔、清宮
4:石井、横尾、渡邉
5:近藤、大田、浅間、横尾
6:中島卓、谷内
7:王、杉谷
8:西川
9:大田、松本剛
DH:清宮、田中賢

 今季の日本ハムの戦力ですが、王選手や金子選手らの補強の影響もあり、投打ともに充実しているという印象を持っています。構想通り、サードに近藤選手、もしくは大田選手を置くことができれば、打線は厚みがありますし、投手陣も、先発、リリーフともに戦力は揃っているように感じます。清水選手の離脱によって、ベテランの鶴岡選手の負担が大きくなるという懸念はありますが、石川亮選手、もしくは郡選手あたりが第二捕手としての役割を果たすことができれば、優勝を争う力のあるチームだと思っています。

〈オリックス〉
先発候補:山本、山岡、アルバース、ディクソン、エップラー、東明、榊原、松葉、田嶋、山崎福、黒木など

リリーフ候補:増井、吉田、近藤、山田、比嘉、岸田、澤田、岩本、竹安など

野手
2:若月、伏見、山崎
3:T-岡田、マレーロ
4:西野、福田
5:大城、頓宮、白崎
6:安達、福田
7:吉田正、宮崎
8:西浦、宗、小田
9:ロメロ、武田
DH:メネセス、マレーロ

 監督が交代し、昨季の中継ぎの運用などの問題点が改善される可能性はありますが、金子投手、西投手の流出による軸となる先発投手の不在、打線の迫力不足、また、主に外野陣の守備力の低さなど、多くの面で課題を抱えていると思います。ただ、先発転向した山本投手やアピールを続けている西浦選手など、楽しみな若手は多いので、彼らの成長には大きな期待が持てると言えるでしょう。

〈ロッテ〉
先発候補:石川、涌井、ボルシンガー、二木、有吉、酒居、岩下、種市など

リリーフ候補:内、松永、益田、唐川、レイビン、大谷、東條、成田など


野手
2:田村
3:井上、安田
4:中村
5:レアード、鈴木
6:藤岡、平沢
7:角中、清田
8:荻野、岡
9:平沢、加藤
DH:バルガス、安田

 投手陣ですが、石川投手、涌井投手、ボルシンガー投手、二木投手を筆頭に、先発陣は戦力が揃っていると思います。ただ、リリーフ陣は昨年同様苦しいように感じられます。昨年、特に苦しんだクローザーの役割に誰を据えるのかというのも注目すべきポイントです。また、野手陣ですが、長打を期待できる選手が、井上選手、レアード選手、バルガス選手などに限られるため、今季から新設されるホームランラグーンの恩恵を自軍が受けるよりも、逆に被弾が増える確率の方が高いのではないかと思われます。ただ、平沢選手、安田選手、藤原選手が揃う若手野手陣の期待度はパリーグでもトップクラスですし、今後に期待が持てると言えます。

〈楽天〉
先発候補:岸、則本、藤平、辛島、古川、美馬、近藤、塩見、森など

リリーフ候補:松井、ハーマン、宋、高梨、青山、菅原、森原、福山、ブセニッツなど

野手
2:嶋、堀内、太田
3:銀次、内田、今江
4:浅村
5:ウィーラー、内田
6:藤田、茂木、村林、西巻
7:島内
8:田中
9:オコエ、辰巳
DH:ブラッシュ、内田、今江

 まず、投手陣ですが、藤平投手や美馬投手、松井投手など、昨年あまり良い成績を残せなかった選手が鍵になってくると思いますし、彼らの働きによって、投手陣の出来は大きく左右されると思います。また、野手陣ですが、浅村選手の補強はあったものの、キャッチャーとショートという大事なポジションを、現状では固定できそうにないので、このポジションにおいて、どのような起用を行うのかが重要となると思います。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 今回の記事では、2009年〜今季までの間に在籍していた選手の中で、個人的に好きな選手トップ5について述べていきます。(それ以前の選手についてはまた別の記事で書く予定です)


野手編
第5位:アブレイユ選手(2013-2014)
 アブレイユ選手は、高い身体能力を持った選手であり、個人的に強い期待を持っていました。2014年に、支配下登録され、デビュー戦でのタイムリーなど、活躍を見せた試合もありましたが、結局、その年に西武を離れ、その後、独立リーグを経て、巨人に入団しましたが、結局2016年に自由契約となってしまいました。NPBにおいて、結果は残せませんでしたが、アブレイユ選手は期待感を持たせてくれるような選手でした。

第4位:カーター選手(2012、2013)
 カーター選手は、2012年に主に代打で活躍し、その後怪我の影響からそのシーズンのオフに退団するも、翌年、独立リーグを経て西武に復帰し、2年間西武に在籍しました。また、アメリカの名門大学スタンフォード大学出身でもあり、経歴の面においても、話題になった選手です。彼は、「チャンピオンはあきらめない」という西武ファンにとっては有名なスピーチで、チームを鼓舞したエピソードが示すように、熱さを持った選手であり、在籍期間は短いながらも、ファンに愛された選手です。個人的にも彼が西武に来てくれてよかったと思っています。また、Twitter上で、たびたび西武に関することに触れてくれるなど、現在も西武への情熱を持ってくれている選手でもあります。

第3位:ヘルマン選手(2012-2013)
 ヘルマン選手は、出塁率が高く、盗塁が多い、そして複数ポジションも守れるというように、一般的な"助っ人外国人"のイメージとは異なる選手であり、そのようなある種の異質さもあって、私はヘルマン選手のことを応援していました。牽制死も含めた盗塁死の多さや、ゲッツーが多さなど、ある程度の欠点もあった選手ではありましたが、高い出塁率と勝負強さを持った選手であり、貴重な戦力だったと思っています。

第2位:ボカチカ選手(2008-2009)
 彼が、西武に入団して以降、彼に特別な思い入れがあったわけではありませんでしたが、現地で観戦していた2008年の8月16日の試合をきっかけに彼のことを応援するようになりました。その試合、彼のエラーもあり、西武は9回の時点で、7-4とリードを許していました。その中で、彼は9回裏の打席で、同点スリーランを放ち、最終的に西武はサヨナラ勝ちを収めました。その試合での彼の存在感はとても印象的で、それ以降、彼のことを応援するようになりました。現在でも、「恐怖の9番打者」の例として、彼の名前が上がることは多いですし、ファンの記憶に残るような選手だったといえます。
  
第1位:エルネスト・メヒア選手
 メヒア選手は現在の西武の選手の中で、個人的に最も好きな選手です。HRを放った際などに見せる独特の"振り戻し"や彼の人間性など、多くの部分に魅力を感じています。ただ、ここ二年、高額契約に見合った活躍を見せることが出来ず、特に昨年は彼に対する多くの批判的な声を耳にしました。実際のところ、私自身も、来期以降、メヒア選手が西武に残留する可能性は低いと思っています。ただ、今季の活躍次第では、残留の可能性は上がるでしょうし、例え、西武を離れたとしても、彼のことは応援し続けたいと考えています。

 _20190226_203857
出典:https://sp.seibulions.jp


 
 また、投手編については、次回の記事で触れたいと思っています。

※番外編
ランサム選手(2014)
 彼の応援歌は、西武の応援歌の中でも非常に有名で、すごく頭に残るものです。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 浅村選手の移籍によって、今季の西武ライオンズは、昨季の打順からの変更を余儀なくされています。そのような中で、特に、一番打者において、金子選手、外崎選手、源田選手、秋山選手など様々な選手が候補に挙げられています。今回の記事では、どの選手を一番に置くべきなのかということに対して、個人的な意見を述べていきます。


 一番打者に最も求められることですが、これは間違いなく出塁率だと思われます。ここでは、まず、出塁率について触れていきます。私は、高い出塁率には、相手投手から警戒されるようなレベルの打力が必要だと考えており、その中で、長打力があればベストだと考えています。
 出塁率について考える際、打席での粘りを最重要視する考えもあると思います。私自身、粘り強さは相手にとって嫌なものであると思っていますし、100球をメドに、投手の交代が行われることの多い現代野球では特に、打席での粘りは価値のあるものだといえます。ただ、今回扱っている出塁率に、必ずしも粘り強さがつながるとはいえません。ここで、例として、昨季P/PA(一打席ごとの被投球数)がほとんど同じであった中島卓也選手と中村晃選手(中島選手は4.24、中村選手は4.28)を挙げます。日本ハムの中島卓也選手は、キャリア平均で出塁率が.319であり、昨季の出塁率は.321でした。次に、中村晃選手は、キャリア平均で出塁率が.377であり、昨季の出塁率は.369でした。この二人は、打席での粘り強さはほぼ同じとも呼べるような数値ですが、出塁率には大きな開きがあります。その開きを生み出しているのは、相手バッテリーの警戒の度合いです。打力のある打者とそうでは無い打者とでは、ストライクゾーンにボールを投げられる確率が異なりますし、粘りの意識を持っていても、ストライクをどんどん投げ込まれる中で、粘ってフォアボールをとることは難しく、実際のデータがそれを証明しています。そのため、私は、出塁率を考えるうえで、まず一定以上の打力が必要と考えています。
 また、長打力に関してですが、昨季のパリーグ出塁率一位柳田選手(.431)、二位近藤選手(.427)、三位吉田正選手(.403)、四位秋山選手(.402)、五位山川選手(.396)というランキングが示すように、長打力のある打者は出塁率も高い打者が多いです。長打力のある打者は、当然相手のマークもより厳しくなりますし、際どいゾーンを攻められた結果、フォアボールになるというケースも多いです。
 
 これまで述べてきたことを踏まえつつ、西武の一番打者について考えると、外崎選手、秋山選手の長打力のある二人が有力な候補となってくると思います。昨季までの起用を考えると源田選手は2番での起用が濃厚だと思うので、〈外崎、源田、秋山〉という並びか、〈秋山、源田、外崎〉という並びの中で、オープン戦などの結果を踏まえつつ、より良い方を選択するのが個人的には良いのかなと感じています。ただ、ここでは金子選手の名前を出しませんでしたが、昨季のように、金子選手は、攻守において独特の勝負強さを持った選手なので、チームにとって必要な選手であることは間違いないと言えます。

 _20190225_194520
出典:https://sportiva.shueisha.co.jp


 一番の候補として、外崎選手、秋山選手の名前を挙げましたが、選手の不調や故障などによって、シーズン前の構想や理想通りにシーズンが進んでいくことはほとんどないので、様々なオプションを試すことは有意義であり、また必要なことであるため、今後も様々な起用法を試してほしいですし、その起用法を見ながら、色々な想像をして、この開幕前の時期を楽しみたいと思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

 今井投手に対して、将来西武のエースになってくれるだろうと考えている西武ファンの方は多いでしょうし、個人的にもそのような期待を持っています。 そのような中で、今回の記事では、今井投手と近年のエース級の投手(今井投手と同じ高卒の投手に限ります)の若手時代の成績を比較し、今井投手が彼らと比べ、現時点でどのような成績を残しているのかについて見ていきます。

 _20190221_125139
出典:http://sp.baseball.findfriends.jp/

今井投手 
1年目(ファーム)7試合、15 1/3イニング、21奪三振、防2.35、K/BB1.75、WHIP1.76
2年目(ファーム)4試合、25イニング、27奪三振、防2.52、K/BB1.80、WHIP1.20
2年目(一軍成績)15試合、78 2/3イニング、65奪三振、防4.81、K/BB1.86、WHIP1.39
※K/BBとは、奪三振÷与四球であり(数値が高いほど良い)、WHIPとは、その投手が、1イニングあたり何人の走者を出したかを表す指標(数値が少ないほど良い)です。

菊池雄星投手 
1年目(ファーム)2試合、8イニング、2奪三振、防0.00、K/BB0.67、WHIP0.75
2年目(ファーム)11試合、55 2/3イニング、35奪三振、防3.07、K/BB2.19、WHIP1.26
2年目(一軍成績)10試合、54 1/3イニング、24奪三振、防4.14、K/BB3.00、WHIP1.31

涌井投手
1年目(ファーム)9試合、52イニング、47奪三振、防2.60、K/BB4.70、WHIP1.04
1年目(一軍成績)13試合、55 1/3イニング、57奪三振、防7.32、K/BB2.48、WHIP1.54
2年目(一軍成績)26試合、178イニング、136奪三振、防3.24、K/BB2.57、WHIP1.20


松坂投手
1年目(一軍成績)25試合、180イニング、151奪三振、防2.60、K/BB1.74、WHIP1.17
2年目(一軍成績)27試合、167 2/3イニング、144奪三振、防3.97、K/BB1.52、WHIP1.35

 松坂投手の一年目の成績は、球史に残るような成績なので、例外とも呼べるような数字ですが、一軍デビューのシーズンを考えると、今井投手は、菊池雄星投手、涌井投手と比べても、遜色ない成績を残しており、今井投手は、エースになりうる素質を備えた投手だといえます。また、彼は、甲子園での優勝や、昨季優勝を争っていた中での登板・クライマックスシリーズでの登板など、数少ない投手しか経験できない貴重な経験を積んできた投手でもあります。まずは、今季、開幕から一年間ローテーションを守り、彼がエースへの道を一歩一歩進んでくれることを願っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ          

 ドラフト一位の松本航投手を筆頭に、山野辺選手、佐藤選手、粟津投手、森脇投手の五人がA班に選ばれるなど、今年のルーキーは大きな注目を集めています。その中で、今回は西武の近年のドラフトの中で、特に印象的だったものについて触れていきます。

2001年ドラフト
自由枠:細川選手
二巡目:中村選手
四巡目:栗山選手
五巡目:竹内選手

 この年のドラフトは、四選手のみの指名となりましたが、そのうちの三選手が主力として活躍するという"当たり年"と呼べるようなドラフト指名でした。その中でも、昨年「真獅子の骨と牙」というキャッチコピーがつけられたように、西武において、長年中心的な役割を担ってきた栗山選手と中村選手の指名は、西武という球団において、単なる戦力以上の非常に大きな意味を持つものとなりました。中島選手、片岡選手、涌井投手、岸投手など、多くの選手がチームを去った中で、彼らはチームに残留し、優勝を争っていた昨季の終盤、貴重な働きをし、チームの10年ぶりのリーグ優勝に導いてくれました。栗山選手と中村選手は、長年西武に貢献してくれた選手であり、彼らの現役中に再び日本一になってくれることを願っています。

2013年ドラフト
一位:森選手
二位:山川選手
三位:豊田選手
四位:金子一選手
五位:山口選手
六位:岡田選手
七井:福倉選手

 この年のドラフトの特徴としては、一位指名と二位指名でともに野手を指名した点が挙げられます。そのような形の指名を行うことは珍しく、また、ある程度のリスクを伴ったものであるといえます。ただ、結果としては、現在の状況を見て分かる通り、成功を収めたものでした。森選手のような打力のある捕手は、打力を生かすためにコンバートされることが多く、また、捕手のリードや守備力を過度に重視する傾向にある日本球界では、そのようなタイプの捕手の起用には多くの批判が伴うことが多いです。そのような中で、森選手を(外野やDHでの起用があったものの)、最終的には、捕手として起用し、成長させたのは西武の球団としての大きな功績といえます。また、岡田選手を指名したことも、現在のチームを考えると、大きな価値があるものだったといえます。

2016年ドラフト
一位:今井選手
二位:中塚選手
三位:源田選手
四位:鈴木選手
五位:平井選手
六位:田村選手

 この年のドラフトでは、まず、源田選手の指名が非常に効果的だったという点が挙げられます。その年のシーズン、西武はショートのポジションを固定できず、また、チームとしても非常に失策が多く、守備に大きな課題を抱えていました。その中で、源田選手はルーキーシーズンから、いきなりレギュラーをつかみ、UZR21.5(2017年)、UZR30.8(2018年)、打率.270(2017年)、打率.278(2018年)、盗塁37 成功率.787(2017年)、盗塁34、成功率.810(2018年)という数字が表すように、走攻守において、優れた成績を残しています。彼は、現在、チームで最も欠かせない選手の一人となっており、この指名は大きな価値をもたらしてくれるものだったといえます。また、今後エースとなりうる今井投手、ブルペンで重要な役割を担っている平井投手など、全体を通して、良い指名を行うことができた年であったといえます。

※番外編
2003年ドラフト
七巡目:佐藤隆彦選手(G.G.佐藤選手)

 _20190225_114929
出典:https://www.seibulions.jp

  私は、G.G.佐藤選手が最も好きな選手なので、この年は個人的に印象に残っています。


このページのトップヘ