6/30 オリックス戦 11−3で勝利

投手成績:松本航5回3失点 マーティン1回2/3無失点 平井1回1/3無失点 増田1回無失点

主な野手成績:外崎猛打賞など


 _20190630_174417
出典:https://baseballking.jp

<投手陣>
 松本航投手は、5回3失点と数字自体はそこまで悪くはないですが、内容としては、決して良い投球ではなかったと思います。軸となるボールがなかなか見つからず、球数がかさんでしまうシーンが目立ちました。そのため、今後は、フォーシームはもちろん、左打者へのカウント球として2シーム、右打者へのカウント球としてカットボール、また、空振りを奪うボールとしてスプリットの精度を高めていく必要があるように感じました。
 また、今日の試合に限らず、追い込んでからカーブを投げることが多いように感じますが、あまり有効なボールではないと思います。 

 今日の継投が表すように、現在、リリーフにおいて、信頼できる投手が1〜2人不足しています。昨日の記事でも述べましたが、武隈投手の働きが重要になってくると思います。
 また、ファームでの調整登板・2日前の一軍での登板と、ヒース投手は投げているボール自体は悪くないように感じます。今後の好投を期待したいところです。

<野手陣>
 打線に関しては、機動力・長打力・粘り強さなど、西武打線の持つ様々な強みが発揮されていた試合でした。多くの選手に安打が出たことも好材料です。
 今日は2度、送りバントを行いましたが、状況を考えると、どちらも打たせるべきケースだったと思います。特に、初回の外崎選手の送りバントに関しては、"K−鈴木投手が制球に苦しんでいたこと"、"山川選手のここ最近の状態"、"外崎選手への期待値"、"初回という状況"など、様々な要素を考えても、打たせるべきだったと思います。
 
 また、金子選手は、ここ最近、強いスイングをするシーンが目立ちますが、非常に良い傾向だと思います。走り打ちのような形では、結局のところ、高い打率を残すことはできませんし、今後も強いスイングを継続してほしいところです。


 内容はそこまで良くはありませんでしたが、大きな勝利でした。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ