6/23 DeNA戦 0−4で敗戦

投手成績:榎田4回4失点 平良4回無失点


 _20190624_103228
出典:https://baseballgate.jp

野手成績
1番5水口 二ゴロ 二安 遊併殺 遊ゴロ
  2牧野

2番4山野辺 中飛 中安 左飛 三振

3番9川越 右中3 捕邪飛 三振 右2

4番DH戸川 二ゴロ 三振 三ゴロ 遊ゴロ

5番8高木渉 右2 一ゴロ 中飛 二ゴロ

6番3西川 遊飛 中飛 右飛

7番7鈴木 中飛 遊安 一ゴロ

8番6金子一 右飛 三安 三ゴロ

9番2齊藤誠 三振 捕飛
  5山田 三振

<投手陣>
 榎田投手は、一軍登録抹消後、初めての登板でしたが、全体を通して、相手の打者にしっかりとしたスイングをされるシーンが目立っており、良い投球を見せることはできませんでした。
 ファームで結果が残せていなかった中で行われた前回の一軍昇格も、最終的には良い結果につながらなかった訳ですし、今回は、時間をかけて、じっくりと調整を行うべきだと感じます。

 平良投手は、良い投球を見せてくれました。フォーシームの球威は素晴らしく、多くの空振りを奪えていました。また、課題の制球面に関しても、2つの四球を出したものの、そこまで制球に苦労しているという印象は受けませんでした。ファームの投手の中で、フォーシームの精度は最も高いと感じます。
 また、この試合では、中6日という状況での登板となりましたが、今後も、一定の間隔で投球を行うことができた場合、今季中の一軍昇格も十分に考えられるでしょう。
 
<野手陣>
 川越選手は、この試合で2本の長打を放ちましたが、ツボにはまった時の飛距離は間違いなく、ファームでNo.1ですし、スケールの非常に大きい選手です。変化球に空振りするシーンは少なくなく、脆さも抱えている打者ではありますが、今後も、大きく育っていってほしいです。

 また、DeNAの細川選手伊藤裕選手の打撃を見ると、特に感じることですが、現在、西武のファームでは、右の大砲候補の選手が不足しています。今後のドラフトで、指名すべきポイントの一つだと、個人的には感じます。


 今後も、多くの選手の活躍を期待したいです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ