5月29日 楽天戦 1−2で敗戦

投手成績
小石4回無失点 被安打2 与四球3 3奪三振
粟津1回無失点 被安打1 与四球1 0奪三振
大石1回無失点 被安打0 与四球0 2奪三振
野田1回無失点 被安打0 与四球1 1奪三振
田村1回無失点 被安打0 与四球0 0奪三振
南川1回2失点  被安打3 与四球2 1奪三振


 _20190529_223507
出典:https://number.bunshun.jp

野手成績
1番4水口 右安 投ゴロ 右安 三振

2番DH山野辺 捕邪飛 ニゴロ 二飛 四球

3番6山田 左安 中安 二飛 投犠

4番7斉藤彰 投ゴロ 右2 左飛 三振
  9高木渉

5番8愛斗 三ゴロ 三振 三振 三振

6番9鈴木 三ゴロ 中犠飛 三ゴロ 投ゴロ

7番5永江 左安 三振 三振
  PH川越 中飛

8番3呉 左飛 中2 四球

9番2牧野 右飛
  2齊藤誠  投犠 投ゴロ

<投手陣>
 粟津投手は、制球面、特に持ち味であるシンカーの制球に苦しんでいるという印象を持っています。武器になりうる球種を多く持っている投手ですし、制球面が改善されれば、一軍で活躍できる可能性は十分にあると思います。
 大石投手は、久しぶりの投球でしたが、フォーシームに球威があり、良い内容の投球だったと思います。ただ、離脱さえなければ、すでに一軍に上がっていた可能性が極めて高い投手ですし、結局のところ、今後もコンディション管理が最も重要になってきます。

 野田投手は、この試合に限らず、与四球・捉えられた打球ともに多いです。まだ調子を取り戻していないように感じます。
 また、田村投手は、この試合でも好投を見せてくれました。

<野手陣>
 愛斗選手は、この試合において、外の変化球への対応に苦しんでいましたが、一軍に上がった場合でも、外の変化球を投げられるケースは非常に多いでしょうし、このボールへの対応は非常に重要になってきます。今後は、ボール球のスイング率を減らしていく必要があります。
 また、山田選手は、スタメンでの出場は久しぶりでしたが、2本のヒットを放ちました。辻監督からの期待が大きい選手ですし、良い状態を維持できれば、一軍昇格の可能性は十分にあると思います。


 田村投手は一軍昇格が近いと思われます。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ