4月27日 オリックス戦 11−7で勝利

投手成績:多和田5回1/3 5失点 野田1/3回2失点 平井1/3回無失点 ヒース1回無失点 マーティン1回無失点 増田1回無失点

主な野手成績:外崎HR 森4安打 秋山・山川猛打賞など

 _20190427_165027
出典:https://number.bunshun.jp

<投手陣> 
 多和田投手は、ブルペン陣の状況を考えると、いつも以上に、長いイニングを投げてほしいところでしたが、良いピッチングをすることができませんでした。球威・制球ともに良くなかったですし、試合中に問題点を修正することもできませんでした。ここまでの登板では、状態が悪い中でも粘れていた部分はありましたが、今日の登板も含め、そもそも状態が悪い日の比率が多すぎます。
 野田投手は、今日は驚くほど球威がありませんでした。今季は安定して内容が悪いですし、今後のファームでの齊藤大投手・小石投手あたりの内容次第では入れ替えの可能性も多いにあるでしょう。
 ヒース投手は、ファームで良いボールを投げていましたが、一軍でも好投を見せてくれました。ただ、コンディションに不安が無い訳ではないですし、今後起用していく中で、登板間隔には注意が必要だと思います。

<野手陣> 
 ロッテとの3連戦での良い流れを維持し、打線は今日も素晴らしい働きをしてくれました。その中でも、秋山選手・外崎選手と、ここ最近少し打撃に苦しんでいた選手も結果を残しました。特に、秋山選手は、前の試合での2安打に加え、今日は彼の調子のバロメーターでもある逆方向へのヒットが出ましたし、今後に大きな期待が持てます。また、各打者が良くボールを見極め、簡単にアウトにならなかった点も素晴らしかったです。 
 ただ、いくら打線が良いとはいえ、毎試合多くの点を取れる訳では無いですし、投手陣の改善は当然求められます。


 明日は、今井投手の好投を期待したいです。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ