今日、これまで公表されていなかった先発6番手に本田投手が決定したということが発表されました。正直なところ、6番手は佐野投手か相内投手の二択だと考えていたので、この選択はとても意外でした。今回はその決定に対する個人的な考えについて述べていきます。

 _20190401_195138
出典:https://www.sponichi.co.jp/

本田投手 2試合 防2.45 WHIP1.00
前回登板 楽天戦 4回2失点 1奪三振 2四球 2被安打
前々回登板 楽天戦 7回1失点 3奪三振 3四球 4被安打

相内投手 1試合 防1.29 WHIP0.57
前回登板 ロッテ戦 7回1失点 9奪三振 3四球 1被安打

佐野投手 1試合 防1.29 WHIP1.57
前回登板 ヤクルト戦 7回1失点 3奪三振 2四球 9被安打

  まず、ファームの先発陣の成績を考えると、相内投手・佐野投手・本田投手の3人しか、6番手の候補になりえなかったと思います。高木勇投手と伊藤投手はここまでかなり内容が悪いですし、南川投手は最終登板がリリーフでの起用であったため、今後先発として起用されるかも分かっていません。その中で、個人的には、本田投手を選択したことは、個人的にあまり望んでいた形ではないものの、理解できる選択ではあったと思います。
 私は、ここまでの内容を考える限り、佐野投手の起用は避けてほしいと考えていました。その中で、前回登板で素晴らしい投球を見せ、また、大きなポテンシャルを持つ相内投手を起用してほしいと考えていましたが、本田投手を選択したことは3つの選択肢の中で、2番目に良い選択だったと個人的には思っています。本田投手は、今季のイースタンリーグでの登板を見る限り、フォーシームの球威はあるように感じますし、制球にもそれほど苦しんでいません。ファームのような内容を一軍でも出せれば、試合を作れる可能性はあると思います。ただ、実際のところ、これまで本田投手は一軍ではそのような登板を行うことはできていませんし、今回も結果が出なければ、一軍で結果を残せない投手という評価をまたも覆せないことになります。そのため、今回の登板は、本田投手にとって極めて重要な登板となります。


 また、個人的に期待をしている相内投手をはじめ、他の投手も開幕ローテ入りのチャンスを逃しただけで、まだまだチャンスは残されていますし、二軍で良いアピールを見せている先発投手が少ない中で、今後良いアピールを見せてくれることを期待しています。また、伊藤投手にも期待をしているので、何とか復調してくれることを願っています。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ