31日ソフトバンク戦 1−3で敗戦

投手成績:高橋光7回3失点 小川2/3回無失点 平井1/3回無失点

主な野手成績:中村HRを含む猛打賞 木村2安打など

 _20190331_152135
出典:https://sportiva.shueisha.co.jp

<投手陣>
 高橋光投手に関してですが、素晴らしい投球だったと思います。制球に苦労する場面もほとんど無く、少ない球数で試合を作ることができていましたし、安定して空振りも奪えていました。また、イニングを食ってくれたことも、チームにとって大きな価値があったと思います。HRを打たれた後も、大崩れしなかった点なども含め、今後の登板に大きな希望を残してくれるような内容でしたし、今後も期待していきたいです。

<野手陣>
 打線に関しては、1点に抑えられましたが、不運な判定が絡んでいた点もありましたし、そこまで悪くはなかったと思います。ここまで苦しんでいた金子選手・木村選手にもヒットが出ました。金子選手はアウトになった打席でも内容は良かったですし、この試合をきっかけとして、調子を上げていってほしいです。また、中村選手も両方向に長打を放つなど、非常に状態が良いです。
 この試合にも敗れ、開幕3連敗という形になりましたが、決して絶望的な状況ではないです。ただ、連敗がズルズルと続いてしまうことは避けなければいけないですし、ホーム開幕戦となる次の試合で勝利を収め、連敗を止めたいところです。

 また、審判の判定についてですが、今日のように西武が不利になる判定・また逆に有利になる判定を含め、NPBでは非常に多くの誤審が起こっています。そのような中で、個人的には審判のレベルアップにはほとんど期待していません。ただ、リクエストに関しては改善の余地が多いですし、また改善できる可能性もあると思います。現状のリクエストの問題点としては、“プレーを見返すためのカメラの数が少ないこと”、“グラウンドで判定を行っている審判がベンチ裏に下がって、ビデオ判定を行うため、無駄な時間がかかること”の二つが主に挙げられます。その二つはともに改善できるものですし、昨季からすでに問題視されてきたものです。早急に何か対策を行って欲しいです。


 スポーツの試合を見るうえで、審判が主役になる試合はつまらないですし、そのような試合を求めているファンはいないと思います。今日のように後味の悪い試合が今後できるだけ少なくなることを願っています。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ