今回は、パリーグの他球団の戦力について述べていきます。

 _20190228_161817
出典:http://npb.jp/pl/



〈ソフトバンク〉
先発候補:千賀、東浜、バンデンハーク、石川、大竹、ミランダ、武田、高橋礼、和田、中田など

リリーフ候補:森、嘉弥真、加冶屋、モイネロ、甲斐野、二保、サファテ、岩嵜(復帰未定)、スアレスなど

野手
2:甲斐、高谷、栗原、市川
3:内川、グラシアル、中村
4:牧原、川島、明石
5:松田、グラシアル
6:今宮、西田
7:中村、グラシアル、長谷川
8:柳田、上林
9:上林、福田
DH:デスパイネ、長谷川

 ソフトバンクは、浅村選手、西選手の獲得失敗や、近年怪我人が続出していること、監督の采配など、不安材料はいくつかありますが、昨年同様、最終的には優勝争いに絡んでくると思います。近年の結果が示すように、パリーグでは結局のところ、ソフトバンクを倒さなければ、日本シリーズには出場できないという状況が続いていますし、今年もその構図は変わらないと思います。
 和田投手やサファテ投手などの復帰や、昨季苦しんでいた時期の多かった内川選手、デスパイネ選手らの復調などがあれば、さらに戦力の厚みは増しますし、今季も大きな脅威となるチームだと言えます。

〈日本ハム〉
先発候補:上沢、金子、マルティネス、有原、上原、ロドリゲス、加藤、杉浦、堀、村田、宮台、バーベイト、生田目など

リリーフ候補:石川直、宮西、公文、秋吉、浦野、ハンコック、井口、鍵谷、西村、玉井、藤岡など

野手
2:鶴岡、石川亮、郡、清水(故障中) 
3:中田翔、清宮
4:石井、横尾、渡邉
5:近藤、大田、浅間、横尾
6:中島卓、谷内
7:王、杉谷
8:西川
9:大田、松本剛
DH:清宮、田中賢

 今季の日本ハムの戦力ですが、王選手や金子選手らの補強の影響もあり、投打ともに充実しているという印象を持っています。構想通り、サードに近藤選手、もしくは大田選手を置くことができれば、打線は厚みがありますし、投手陣も、先発、リリーフともに戦力は揃っているように感じます。清水選手の離脱によって、ベテランの鶴岡選手の負担が大きくなるという懸念はありますが、石川亮選手、もしくは郡選手あたりが第二捕手としての役割を果たすことができれば、優勝を争う力のあるチームだと思っています。

〈オリックス〉
先発候補:山本、山岡、アルバース、ディクソン、エップラー、東明、榊原、松葉、田嶋、山崎福、黒木など

リリーフ候補:増井、吉田、近藤、山田、比嘉、岸田、澤田、岩本、竹安など

野手
2:若月、伏見、山崎
3:T-岡田、マレーロ
4:西野、福田
5:大城、頓宮、白崎
6:安達、福田
7:吉田正、宮崎
8:西浦、宗、小田
9:ロメロ、武田
DH:メネセス、マレーロ

 監督が交代し、昨季の中継ぎの運用などの問題点が改善される可能性はありますが、金子投手、西投手の流出による軸となる先発投手の不在、打線の迫力不足、また、主に外野陣の守備力の低さなど、多くの面で課題を抱えていると思います。ただ、先発転向した山本投手やアピールを続けている西浦選手など、楽しみな若手は多いので、彼らの成長には大きな期待が持てると言えるでしょう。

〈ロッテ〉
先発候補:石川、涌井、ボルシンガー、二木、有吉、酒居、岩下、種市など

リリーフ候補:内、松永、益田、唐川、レイビン、大谷、東條、成田など


野手
2:田村
3:井上、安田
4:中村
5:レアード、鈴木
6:藤岡、平沢
7:角中、清田
8:荻野、岡
9:平沢、加藤
DH:バルガス、安田

 投手陣ですが、石川投手、涌井投手、ボルシンガー投手、二木投手を筆頭に、先発陣は戦力が揃っていると思います。ただ、リリーフ陣は昨年同様苦しいように感じられます。昨年、特に苦しんだクローザーの役割に誰を据えるのかというのも注目すべきポイントです。また、野手陣ですが、長打を期待できる選手が、井上選手、レアード選手、バルガス選手などに限られるため、今季から新設されるホームランラグーンの恩恵を自軍が受けるよりも、逆に被弾が増える確率の方が高いのではないかと思われます。ただ、平沢選手、安田選手、藤原選手が揃う若手野手陣の期待度はパリーグでもトップクラスですし、今後に期待が持てると言えます。

〈楽天〉
先発候補:岸、則本、藤平、辛島、古川、美馬、近藤、塩見、森など

リリーフ候補:松井、ハーマン、宋、高梨、青山、菅原、森原、福山、ブセニッツなど

野手
2:嶋、堀内、太田
3:銀次、内田、今江
4:浅村
5:ウィーラー、内田
6:藤田、茂木、村林、西巻
7:島内
8:田中
9:オコエ、辰巳
DH:ブラッシュ、内田、今江

 まず、投手陣ですが、藤平投手や美馬投手、松井投手など、昨年あまり良い成績を残せなかった選手が鍵になってくると思いますし、彼らの働きによって、投手陣の出来は大きく左右されると思います。また、野手陣ですが、浅村選手の補強はあったものの、キャッチャーとショートという大事なポジションを、現状では固定できそうにないので、このポジションにおいて、どのような起用を行うのかが重要となると思います。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
ブログランキング・にほんブログ村へ