今井投手に対して、将来西武のエースになってくれるだろうと考えている西武ファンの方は多いでしょうし、個人的にもそのような期待を持っています。 そのような中で、今回の記事では、今井投手と近年のエース級の投手(今井投手と同じ高卒の投手に限ります)の若手時代の成績を比較し、今井投手が彼らと比べ、現時点でどのような成績を残しているのかについて見ていきます。

 _20190221_125139
出典:http://sp.baseball.findfriends.jp/

今井投手 
1年目(ファーム)7試合、15 1/3イニング、21奪三振、防2.35、K/BB1.75、WHIP1.76
2年目(ファーム)4試合、25イニング、27奪三振、防2.52、K/BB1.80、WHIP1.20
2年目(一軍成績)15試合、78 2/3イニング、65奪三振、防4.81、K/BB1.86、WHIP1.39
※K/BBとは、奪三振÷与四球であり(数値が高いほど良い)、WHIPとは、その投手が、1イニングあたり何人の走者を出したかを表す指標(数値が少ないほど良い)です。

菊池雄星投手 
1年目(ファーム)2試合、8イニング、2奪三振、防0.00、K/BB0.67、WHIP0.75
2年目(ファーム)11試合、55 2/3イニング、35奪三振、防3.07、K/BB2.19、WHIP1.26
2年目(一軍成績)10試合、54 1/3イニング、24奪三振、防4.14、K/BB3.00、WHIP1.31

涌井投手
1年目(ファーム)9試合、52イニング、47奪三振、防2.60、K/BB4.70、WHIP1.04
1年目(一軍成績)13試合、55 1/3イニング、57奪三振、防7.32、K/BB2.48、WHIP1.54
2年目(一軍成績)26試合、178イニング、136奪三振、防3.24、K/BB2.57、WHIP1.20


松坂投手
1年目(一軍成績)25試合、180イニング、151奪三振、防2.60、K/BB1.74、WHIP1.17
2年目(一軍成績)27試合、167 2/3イニング、144奪三振、防3.97、K/BB1.52、WHIP1.35

 松坂投手の一年目の成績は、球史に残るような成績なので、例外とも呼べるような数字ですが、一軍デビューのシーズンを考えると、今井投手は、菊池雄星投手、涌井投手と比べても、遜色ない成績を残しており、今井投手は、エースになりうる素質を備えた投手だといえます。また、彼は、甲子園での優勝や、昨季優勝を争っていた中での登板・クライマックスシリーズでの登板など、数少ない投手しか経験できない貴重な経験を積んできた投手でもあります。まずは、今季、開幕から一年間ローテーションを守り、彼がエースへの道を一歩一歩進んでくれることを願っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ