皆様初めまして、埼玉西武ライオンズを応援しているsiroです。
この初めての記事では、今季のスタメン予想について述べていきます。

1、9外崎
2、6源田
3、8秋山
4、3山川
5、2
6、5中村
7、7栗山
8、DHメヒア?
9、4山野辺
※赤字は左打者

 浅村選手の移籍によって注目されているセカンドというポジションに関しては、山野辺選手が入る可能性が最も高いのではないかと考えています。辻監督は、このキャンプで山野辺選手にマンツーマンで指導している機会が多く、また、期待を持った選手に対して、我慢しながら起用することのできる監督なので、開幕後ある程度の期間は結果に関わらず、山野辺選手が固定される可能性は高いでしょう。また、打順ですが、辻監督の発言にもあるように、1~3番は現在流動的な状況ですが、出塁率の面から外崎選手を一番に据えるのではないかと考えています。そして、上のスタメン予想で、?をつけたように、メヒア選手は現在の状態がはっきり分からない(B班に帯同しており、実戦にはまだ出場していない)ため、開幕に間に合わない可能性もあります。そうなってしまった場合には、栗山選手をDHで起用し、代わりの外野手を8番、もしくは9番で起用する形をとると思われます。
 
 また、その他の選手の起用ですが、具体的に出場のチャンスが高いポジションとしては、サード、レフトの二つが挙げられます。まず、サードですが、中村選手の年齢を考えた際に、フルイニングの出場をする確率は低く、去年の起用法から見ても、終盤、代走や守備での交代が行われる確率は非常に高いです。そのため、サードというポジションでは、中村選手を軸としながらも、二番手の選手にもある程度の出場機会が与えられると思われます。この枠に入る選手としては、現状、山田選手とルーキーの佐藤選手が挙げられます。個人的には、ショートのバックアップも兼ねることのできる山田選手がこの枠に入ると現時点では考えています。ただ、佐藤選手も、紅白戦でタイムリーを打ったように、打撃に大きな魅力のある選手なので、シーズン途中で、入れ替えが行われる可能性も十分にあるといえます。
 次に栗山選手の起用が予想されるレフトですが、栗山選手もベテランであり、前述したような理由で、二番手以降の選手にもある程度の出場機会があると考えられます。この枠の候補としては、金子選手、木村選手、そして愛斗選手が挙げられます。相手の投手が左投手の場合は木村選手、右の場合は金子選手の起用が濃厚だと考えていますが、愛斗選手の状態も良いので、今後のオープン戦の成績によって、どの選手がこの枠を勝ち取るのかが決まるでしょう。また、上記したように、栗山選手はDHでの起用や代打での起用の可能性もあるので、今後のアピール次第では、レフトのレギュラーを奪い獲ることも可能だと考えられます。